ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Chromeのセーフブラウジング機能を「ダウンロード」「再生」ボタンを装う広告等にまで拡大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Chrome ブラウザのセーフブラウジング機能の適用対象を、「ダウンロード」や「再生」といった何かを装う広告にまで拡大したと発表しました。セーフブラウジング機能は、WEB ページがフィッシングサイトの可能性があったり、配布しているソフトにマルウェアが仕込まれている場合などに、アクセス前に警告してユーザーを保護する機能です。Android 版 Chrome ではデフォルトで有効になっています。Google はこのセーフブラウジング機能を、人間の行動等を上手く利用して情報等を盗みとるソーシャルエンジニアリングの要素を含む広告にまで拡大しました。WEB ブラウジングをしていると、ソフトのダウンロードボタンだったり、動画の再生ボタンをよく目にしますが、実は広告だったということが多くあります。こういうのに引っかかって被害に遭うことを防ごうというものです。Source : Google

■関連記事
Cygames、フリック操作で遊べるAndroid向けアクションゲーム「跳べ!怪盗少女」をリリース
ラトック、Android対応のビデオキャプチャーユニット「RP-HDVC1」を発表
オプティムとMRT、スマートフォンやタブレットを利用した遠隔診療サービス「ポケットドクター」を発表、4月より順次提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP