体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本物の江戸前寿司が気軽に食べられる噂の店に行ってみた @『石見』相模原

isi-2_R

みなさんの一番好きな食べ物は何でしょうか? 恐らく多くの人が”寿司”と答えると思われ、筆者も人生最後の晩餐には寿司を食べたいと考えています。

というわけで、魚が嫌いでなければ誰もが欲する”寿司”ですが、気になるのは”お値段”で御座います。

もっとも最近は回転寿司もあるので、リーズナブルに食べられますが、やはり高級なイメージは拭えません。

しかし!

探せば意外と身近な場所にも”寿司の名店”は存在し、思ったよりも安い場合もあります。

今回は筆者が住まう相模原でも、知る人ぞ知る名店なんだけどランチだったら安いぜヘイ!みたいな穴場を紹介してみましょう。

相模原の食通に評価の高い『石見』(いわみ)

DSCF1261_R

大きな道から外れた平静な住宅街の中に『石見』はあります。そのマニアックな立地から最近まで筆者も存在を知らなかったのですが、実は寿司がデラ旨いらしいです。

DSCF1267_R

若干、個人でやっている美味しい寿司屋さんは、ちょっとセレブ価格なパターンがちょいちょいあるので初見の筆者はドキドキですが、ネットで調べた限りだとランチなら筆者の薄い財布でも余裕で行けそうな感じです。

というわけで、お得なランチで『石見』の実力を確かめに行った次第です。

『石見』で『ランチ石見』を食す!

isi-13_R

ちなみに値段が書いてない”お寿司屋さん”の場合、ちょっと刺身を食べて、ちょっと飲んで、ちょっと握ってもらうと一万円くらいする事も珍しくありません。

isi-12_R

この『石見』もお任せで握って貰って、ちょいと飲むと一万円コースな店の予感です。

isi-14_R

しかし!

逆にランチメニューだけに徹すれば意外とリーズナブルな価格であり、そこを狙い撃ちすれば筆者の財布もダメージは少なめです。

初見であれば、この『ランチ石見』を利用しない手はありません。

コース仕立ての『石見』

isi-15_R

通常、お得なランチであればパッと握って、まとめてドーンと出て来るのがセオリーですが、この『石見』は違います。

isi-10_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。