ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【都心から30分】あなたに一番近いハワイ、休日はリゾート気分に癒されて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こうも寒い日が続くと、日本を脱出して暖かい国に行きたくなってしまいます。ゆったりと時間が流れるリゾートを想像しては、「でも、そう簡単に旅に出られないし・・・」なんて、肩を落としている方、都心から約30分でトロピカル気分になれる場所をご紹介します。

舞浜で感じる、土日祝日限定のスペシャルなハワイ

訪れたのは、舞浜「ヒルトン東京ベイ」。東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルとしてお馴染みですよね。パークで遊ぶ目的以外で舞浜を訪れたことがなかった筆者ですが、今ここヒルトン東京ベイ内の「lounge O(ラウンジ・オー)」では、とっても魅力的なフェアを開催しているのです!

その名も「Aloha!Aloha!Aloha!— Feel & Fly to Hawaii(ハワイを感じてハワイへ行こう)」フェア。もともと「lounge O」では、土日祝日限定でデザートブッフェを提供していますが、2016年3月13日(日)までは、ハワイアンスイーツを始め、リゾート気分、ハワイ気分を堪能できる空間になっています。

目でも舌でも楽しめる!絶品ハワイアンスイーツ

ハワイアンミュージックが流れる中、見渡せばカラフルで可愛いスイーツがいっぱい! スタッフの方もアロハシャツを着ているので、足を踏み入れればもうそこはハワイです。全部食べてしまいたいくらい美味しそうなスイーツが並んでいますが、シェフの一押しメニューはこちら。


ハワイ風ワッフル パイナップルとココナッツ添え

生地にはココナッツピューレが練りこまれており、そのままいただいてもほんのりとココナッツ風味。ココナッツソースと生クリームをトッピングすれば、濃厚な味わいを楽しむことができます。

ホテルスタッフの方の一押しメニューはこちら。


パイナップルのメレンゲパイ

パイナップルのアパレイユ(アパレイユとは、洋菓子を作る下準備で、素材を混ぜあわせて作る流動上の生地のこと)の上にメレンゲをのせ、最後にパイナップルのキャラメリゼをトッピング。「メレンゲパイ」自体初めて食べたのですが、口に含んだ瞬間に溶けてしまうほどふわふわ。こちらのブッフェは時間制限がないので、何個でも食べられてしまいそう。

そして、筆者の一押しメニューはこちら。


ハワイアン アンブロシア

サワークリームや生クリーム、ココナッツ、みかんにイチゴ、パイナップルやマシュマロなどが入っている具沢山なフルーツサラダ。一度に色々な味や食感を楽しめる一品です。

他にも、マカデミアチョコを砕いて三種のムース(チョコレート、キャラメル、ストロベリー)と一緒にいただくメニューや、

スイーツブッフェでよくある「塩気のあるものが食べたい」と思ったときに嬉しい、軽食メニューも豊富。軽食メニューは日替わりのようで、この日は、スパムにぎりやパイナップルピザなどがありました。


左上:ピニャコラーダ、左下:ブルーハワイ、右下:マイタイ (全て800円)

こちらはブッフェ料金には含まれていませんが、昼間からハワイアンカクテルでほろよい・・・なんていうのも、最高の休日の過ごし方。

ハワイ気分を高めてくれるフラダンスショーも

スイーツを楽しみながらのんびり過ごしていると、なにやら華やかなショータイムが始まりました。


高校生グループ


小学生グループ。衣装はリロ・アンド・スティッチをイメージしているのだとか。

1日2回行われるフラダンスは、ハワイ気分を更に高めてくれます。小学生から大人まで、様々な年代のフラダンスを楽しむことができますよ。

フラダンスを見ていると、不思議と穏やかな気持ちになり、日頃の疲れがとれていくような感じがします。

フェアの期間中は、ハワイへの往復航空券や、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートの宿泊券などの豪華賞品が当たる抽選も行われているので、ハワイ気分を楽しみながら、本当にハワイへの切符をつかめるかもしれませんね。

都心からすぐのハワイで、日頃の疲れを癒しに行ってみては?

■Aloha!Aloha!Aloha!— Feel & Fly to Hawaii(要予約)
場所:ヒルトン東京ベイ ロビー階「lounge O(ラウンジ・オー)」
電話予約:047-355-5000 (代)レストラン部
期間:2016年1月16日(土)〜3月13日(日)の土日祝日限定
時間:14時半〜17時(時間無制限)
料金:大人2800円/4〜12歳1600円(税金・サービス料抜き)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP