ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウェブサイトをカンタンに多言語化!スマート翻訳・編集ツールが日本に上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界のどの国にいても、閲覧できるインターネット。グローバル化の影響で、日本のサイトを利用する人も、年々増えつつある。

そこで課題となるのが、言語の翻訳。しかし、コストや手間を考えると、なかなか着手しづらいところだ。

そんなとき役立つのが、ウェブの翻訳ツール。「WOVN」というサービスも既にリリースされており、聞いたことがある人もいると思う。

今回ご紹介するのは、そのイスラエル版ともいうべきツール。1行のコードで、ウェブサイトの翻訳を実現する「Bablic」だ。

・わずか3ステップでウェブサイトを多言語化

「Bablic」最大の特長は、導入と編集の容易さ。アカウント登録は不要。対象サイトのURLを入力するだけで、すぐにトライアルできるようになっている。

作業工程は、わずか3ステップ。サイトのヘッダーにコードを貼り付け、ワンクリックで翻訳。(プロ翻訳者への依頼か自動翻訳、あるいはユーザー自身による翻訳のいずれかを選択)。あとは公開ボタンをクリックすれば、そこで完了だ。

ページの表示内容を確認しながら翻訳、画像の差し替えが可能。プログラミング知識なしで、直感的に編集できるところも、忙しい企業にとって大きな魅力だ。

・14日間の無料体験実施中

提供元では、オリンピック開催イヤーの2020年に向けて、増加が予想されるインバウンド需要への対応を視野に入れている。今後は観光・宿泊サイト、ECサイト、自治体への導入をめざし、サービスを推進する予定だ。

ただいま、14日間の無料体験受け付け中。有料プランは、1か月12.5ドル(約1,500円)から提供している。

Bablic

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP