体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ福井は日本の希望なのか?

エンタメ
なぜ福井は日本の希望なのか?

 「北陸の強さ」は想像以上だ。
 2015年の北陸新幹線の開通でにわかに注目を集めた北陸だが、もともと地力がある地域である。共働き率と出生率では全国平均を上回り、幸福度や世帯収入も高い。また、全国学力テストでトップを獲得する福井県の教育は政府から希望の芽とされ、富山県富山市のコンパクトシティは世界から注目を集める。その強さは一体どのようにして生まれたのか?
 『Forbes JAPAN』副編集長兼シニアライターでノンフィクションライターの藤吉雅春さんが上梓した『福井モデル 未来は地方から始まる』(文藝春秋刊)は、富山県富山市や福井県鯖江市への入念な取材をもとに書かれたルポであり、北陸の強さを深く理解できる一冊だ。
 今回、新刊JPは『福井モデル』のオーディオブック版配信に際し、藤吉さんにインタビューを敢行。本の全貌についてお話をうかがった。
(取材・文:金井元貴)

■地味だけど“最強” 福井はなぜ幸福度が高いのか?

――この『福井モデル』では、地方再生の鍵を握る町として、特に福井県鯖江市の事例を挙げられています。藤吉さんはなぜこの福井という土地に注目したのでしょうか。

藤吉:いくつかあります。まず、橋下徹前大阪市長が掲げた大阪都構想の取材中に、お世話になっていた大阪府の学校の先生方から「福井県の教育は非常に素晴らしい」ということを聞いたんです。大阪府は「全国学力テスト」の成績がかなり悪く、その先生方が一生懸命良くしようと努力されていたのですが、その方々から福井の教育は素晴らしいので、福井を視察されたらどうかと提案されたんですね。
また、それとはまったく別の取材の時に、文部科学省のキャリア官僚が「日本がより良い未来をつくれるかどうかは、福井にかかっている」と言っているのを聞いて、「また福井だ」と。
さらにまた別の取材でGoogleに行ったときも、福井県鯖江市がIT化の進んだ都市として世界から注目を集めていると聞かされたんです。

―― いろいろなところで福井という土地に注目が集まっていたんですね。でも、福井県のイメージというと、どうしても「地味」という言葉がついてきます。

藤吉:実は私もそれまで福井に大きな関心を寄せたことはなくて、「福井はすごい!」と言われてもピンとこなかったんです。でも、実際に調べてみると、全国学力テストでは常にトップを争っている(*1)。また、体力テストもトップですし、勤労者世帯の実収入ランキングでも1位(2010年)なんです。

――世帯収入は東京ではないのですか?

藤吉:私自身、意外に思ったのですが、2010年に東京は福井に次いで2位です。さらに47都道府県の幸福度指数も常に1位。これは一体どういうことだろうと思ったのが発端ですね。

――福井の強さの原点は一体なのでしょうか。

藤吉:「恵まれていない」ということだと思います。世界的に見て発展する町は、人々が知恵をしぼって助け合っているというケースが多いんです。この本では鯖江市の他に富山県富山市の事例も掲載していますが、この2つの土地はいずれも豪雪地帯で、中央からもやや離れています。また、石川県に比べて貧しかったという歴史的背景があり、常に悔しさを抱えている。自然環境の面でも、産業の面でも厳しい場所だったので、自分たちで産業を創出するという発想になったのでしょうね。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会