ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2016年2月)、Marshmallowは1.2%と依然として低い水準

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 2 月 2 日(現地時間)、2016 年 2 月の Android バージョン別シェアの統計データを公開しました。2 月のバージョン別シェアは(括弧内は前回)、1 位が KitKat 35.5%(↓36.1%)、2 位が Lollipop 34.1%(↑32.6%)、3 位が Jelly Bean 23.9%(↓24.7%) 、4 位が Gingerbread 2.7%(↓3.0%)、5 位が Ice Cream Sandwich 2.5%(↓2.7%)、6 位が Marshmallow 1.2%(↑0.7%)、7 位が Froyo 0.1%(↓0.2%)という結果でした。Android 最新版の Marshmallow については、リリースから 3 ヶ月以上が経過しましたが、依然としてシェアは 1.2% と低い水準です。歴代の Android バージョンと比べても、Marshmallow のシェア拡大のペースは遅い方だと言えます。ただ、今年に入って発表された機種の多くは Marshmallow を搭載しているので、今後の新機種の発売と既存モデルのアップデートでシェアは確実に拡大していくと見られます。大幅に拡大するのは 4 月以降でしょうか。また、シェアの変化は全体的に前回と同じで、依然として Lollipop のシェアが拡大しており、KitKat に迫っています。次回あたりで KitKat を抜くと予想されます。Source : Android Developers

■関連記事
プラスワン、Priori 3S LTEを2月12日に発売
Y!mobile、Nexus 6のAndroid 6.0.1(MMB29Q)を配信開始
クラウドキャストと弥生会計、弥生会計のクラウドアプリ利用者が無料で使うことができるAndroid用経費精算アプリ「Staple for 弥生」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP