ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xposedフレームワークがv80にアップデート、LG端末やMediaTek端末のブートループ問題を修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

root 端末ユーザー向けのカスタマイズツール「Xposed」が v80 にアップデートされました。Xposed は root 化した端末用のファイル群で、これを導入すると、Xposed モジュールと呼ばれる対応アプリを利用して、標準のシステムではサポートされていない機能を実行でき、より多くのカスタマイズが可能になります。v80 では、前回バージョン(v79)で発生した LG や MediaTek プロセッサを搭載した端末におけるブートループ問題を修正したほか、XposedBridge を Android Studio / Gradle に移行し、さらに、ビルドスクリプトを統合しました。ブートループ問題は全ての端末で解消したわけではなく、LG 端末は Android 6.0 だけ、MediaTek 端末は Android 5.0 / 5.1 だけで解消しています。また、Android 5.0 / 5.1 端末における MyAndroidTools のクラッシュ問題も修正されています。Source : XDA

■関連記事
プラスワン、Priori 3S LTEを2月12日に発売
Y!mobile、Nexus 6のAndroid 6.0.1(MMB29Q)を配信開始
クラウドキャストと弥生会計、弥生会計のクラウドアプリ利用者が無料で使うことができるAndroid用経費精算アプリ「Staple for 弥生」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP