ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USJでユニバーサル・クールジャパン 2016 開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2016年1月15日(金)より、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)にてユニバーサル・クールジャパン 2016が開催。1月14日(木)のオープニング・セレモニーに行ってきました。



和をテーマにしたセレモニーでは、ユニバーサル・クールジャパン 2016 特命大使のきゃりーぱみゅぱみゅさんがオリジナルの和装姿で人力車に乗りレッドカーペットに登場。


会場にはファン1500名が押しかけ、きゃりーさんの「わたしが共感しているユニバーサル・スタジオ・ジャパンの理念をどんどん世界中に発信していきたい」と開会宣言をすると、国内外から集まったファンから掛け声が上がりました。

きゃりーぱみゅぱみゅXRライドは新感覚! エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D: 2.0・進撃の巨人・ザ・リアル4-Dは迫力満点!

当日は新アトラクションの試乗ができ、きゃりーぱみゅぱみゅXRライド・エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D: 2.0・進撃の巨人・ザ・リアル4-Dに試乗してきました。


世界初のXRライドは、頭にヘッドセットをかぶりジェットコースターに乗るという新しいアトラクション。かわいいきゃりーさんの世界観の中、予測不能な映像で体感は2倍に! 今までにないとても不思議な体験ができました。

エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D: 2.0・進撃の巨人・ザ・リアル4-Dは今までとはちがう「体験」のために作られた4D映像。映画の4Dがキライな方でも楽しめる、迫力満点の映像でした!

当日は映像制作をされた株式会社ロボットの高橋良昌プロデューサー、映像ディレクターの田向潤さんにもインタビューを。

(左:田向氏 右:高橋氏)

映像制作過程の裏話や、こだわりの部分、見どころなどをお聞きしました。きゃりーぱみゅぱみゅXRライドは今までにない、世界初の体験になるのでジェットコースターが苦手な女性でも「かわいい」を体験しながら楽しんでもらえるのでぜひ一度体験してほしいとのことでした。

ユニバーサル・クールジャパン 2016

ユニバーサル・クールジャパンは、ハリウッド映画に加えて、幅広いジャンルから選りすぐりのエンターテイメントを求め続けてきたユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、日本の生み出した世界的に高評価を受けているマンガ、アニメ、ゲームなどの優れたエンターテイメントブランドを、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアイデアやクオリティ、クリエイティブを駆使し、それらの世界観を圧倒的なスケールで現実のものへと再現。

日本が誇るエンターテイメント・ブランドを世界に発信し、日本の魅力を再発見するイベント。2016 年 1 月 15 日(金)から 2016 年 6 月 26 日(日)まで開催します。

きゃりーぱみゅぱみゅXRライド


きゃりーぱみゅぱみゅさんの“KAWAII”世界観を 360度楽しめる、世界初・世界最新鋭の XR ライド。世界初・世界最新鋭XRライドで大疾走。予測不能に次から次へと体を駆け巡る疾走感と重力感で六感を刺激、かつて味わったことのない、 まったく新しい驚きの体験を提供。

進撃の巨人・ザ・リアル4-D


自ら調査兵団の一員となり、ミカサやアルミンたちと ともに立体機動で飛び回り、襲ってくる女型の巨人に立ち向かう。戦闘に巻き込まれる緊迫感を体験。

実物大壁の巨人


目の前に立ちはだかる、肌質までリアルな巨人。壁の中からこちらを見る目に、恐怖と衝撃を受ける。

クロノイド


原作の世界から飛び出し、今にも動き出しそうな登場人物たちと現実世界での遭遇体験。

エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D: 2.0


エントリープラグに乗り込み、エヴァンゲリオン4号機を操縦する目線で、使徒との壮絶な死闘に挑む。4号機にはエヴァンゲリオンシリーズのメカニックデザイナー山下いくとさんが新たな設定を追加。

バイオハザード・ザ・エスケープ 2


刻一刻と迫るタイムリミットとともに増えるゾンビや生物兵器に襲われる恐怖と焦燥感にさいなまれながら進むと、その先には、これまで感じたことのない一体感と達成感が。より高度になった謎に立ち向かう。

モンスターハンター・ザ・リアル


シリーズ最新作「モンスターハンタークロス」の世界観を再現。新登場の“二つ名持ち”モンスター『黒炎王リオレウス』、『金雷公ジンオウガ』が、攻撃をしかけてくる、かつてない巻き込まれ感!あの斬竜『ディノバルド』にも乗れる!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: SYO) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP