体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ディアブロ』で世界ナンバー3に入った極悪プレイヤーインタビュー / 前編

ガジェ通

DIABLO3

DIABLO3

まだ日本中のインターネット環境が乏しく、テレホーダイなどのサービスを利用してインターネットに接続していた時代。完成度がかなり高く、同時に中毒性も高いオンラインゲーム『ディアブロ』が登場した。当時のオンラインゲームとしては先駆け的な存在であり、オンラインゲームというジャンルを世間に認知させたゲームでもある。

現在のオンラインゲームは仲間や通行人など、他人のプレイヤーを攻撃できるものは少ないが、当時は何でもアリだった。それは『ディアブロ』も同じで、極悪プレイをするプレイヤーが続出。その悪質プレイヤーをランキング化し、有名な『ディアブロ』サイトに掲載。世界中の極悪プレイヤーがランキングに掲載された。そして、そのランキングナンバー第3位に載っていたプレイヤーは東京都荒川区に住む日本人だった。

今回は、その極悪プレイヤーの日本人にインタビューを決行。さまざまなお話をうかがうことができた。

■きっかけはキャンビー
記者 『ディアブロ』をはじめたきっかけって何ですか?
極悪 PC9821のキャンビーというパソコンを持ってたので、パソコンゲームにハマってたんです。
記者 キャンビーで『ディアブロ』をするにはメモリが足りないような……。
極悪 ああ、確か4メガから8メガにメモリ増設して記憶があります。
記者 なるほど。極悪プレイヤーだったそうですが、どんな違反をしたのですか?
極悪 心外です。僕の場合、ゲームのプログラムをいじったりする違反はしません。
記者 というと?
極悪 ゲームが用意した世界のなかで、できる限りの悪を尽くしました。
記者 つまり、ゲーム改造はしてないということですね。
極悪 そうです。ゲームを改造した時点で、ゲームはつまらなくなる。

■親切なプレイヤーをよそおう
記者 では、具体的な極悪行為の方法を教えてください。
極悪 まず、弱者を殺しまくりました。数百人殺しましたね。千人越えてたかも。
記者 すさまじい……。
極悪 そんな感じで、かたっぱしから弱者をぶっ殺してたんですよ。でも飽きました。
記者 では、あなたが次に出た行動とは?
極悪 はじめに、初心者のプレイヤーの師匠のような存在になるんです。
記者 親切な人のフリをすると?
極悪 まあ、そうですね。そして、レベルアップも手伝うし、武器や防具もプレゼントする。
記者 なるほど。まさに師匠ですね。
極悪 ある程度その初心者が強くなったら、いよいよ処刑です。
記者 えっ!?
極悪 師匠と弟子の関係は、時とともに信頼関係も増してくるじゃないですか。
記者 そうですね。
極悪 信頼が築かれた時点で、ぶっ殺します。後方から剣や斧でザックリです。
記者 その初心者はどんな反応を?
極悪 まあ、あれですね。「!?」といった感じですね。
記者 ひどいですね。
極悪 どうして殺されたのかわからないんですよね。信頼してたから。
記者 ひどすぎる。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会