ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セイコー、Bluetoothでスマートフォンと通信する登山愛好家向けのソーラー充電デジタルウォッチを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セイコーウオッチは 2 月 1 日、Bluetooth で Android スマートフォンと通信する登山用ソーラーデジタルウオッチ「セイコー プロスペックス アルピニスト」の新型(SBEL シリーズ) 5 機種を発表しました。発売日は 2016 年 6 月 10 日です。今回発表されたアルピニスト新型は、従来型のデジタル文字盤を採用しつつ、Bluetooth Smart でスマートフォンと通信する機能を搭載しており、スマートフォンで作成した登山計画を腕時計に転送して、腕時計上に登山計画の進捗状況を表示することのほか、実際に登山したときのデータ(昇降距離や時間、登高スピードなど)を記録し、スマートフォンで閲覧できるようになります。この製品は登山愛好家向けで、ソーラー充電に対応するほか、10 気圧防水、気圧高度計機能や方位表示機能、日の出・日の入り機能、ストップウォッチ機能なども搭載しています。スマートフォンとの通信では時刻の同期も可能です。この製品に搭載された登山計画機能とは、積算上昇高度や積算下降高度、登山予定日、標高などを登録し、登山開始時に記録をスタートすると、計画の進捗状況を腕時計の画面にリアルタイムに表示すると共にログを記録するというものです。リバース機能で下山時の進捗を記録することもできますスマートフォン連携機能は Google Play ストアで配信されるアプリを利用します。アプリには「山と溪谷社」による日本百名山おすすめルートがプリセットされており、このプリセットから簡単に登山計画を作成することができます。新型アルピニストの本体はプラスチック製で、リストバンドはシリコン製です。ラインアップは、「SBEL001」「SBEL003」「SBEL005」のレギュラータイプ(44,000 円 + 税、と「SBEL007」のミウラ・ドルフィンズスペシャルモデル、1,000 本限定販売の「山の日制定記念限定モデル(SBEL009)」(45,000 円 + 税)です。Source : セイコー

■関連記事
ニフティ、NifMoのSIM カードを利用しているスマートフォン・タブレット向けの修理サービス「NifMo あんしん保証 for SIM フリー」を発表
Android Tips : Android WearスマートウォッチでAndroid TVを操作する方法
Anker、「PowerCore 15600」「PowerDrive+ 1」「GlassGuard」を特別価格で販売する本日限定のバレンタインセールを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP