体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゃりーぱみゅぱみゅ、初ベスト盤の世界リリースなど日本と海外をつなぐ“5つのたくらみ”発表

1月29日、23歳の誕生日を迎えた瞬間、きゃりーぱみゅぱみゅのYouTubeチャンネルから謎の動画が発信! 1月30日(土)にLINE LIVEにて、その映像の謎の解き明かすための緊急生配信を行い、70万人もの視聴者数を記録。5周年を記念し、「きゃりーぱみゅぱみゅの体内を大解剖する」をテーマに構成&大解剖された結果、きゃりーぱみゅぱみゅの“5つたくらみ”が発表された。

LINE LIVEでの緊急記者会見 (okmusic UP's)

このたくらみは、すでに発表されているユニバーサル・スタジオ・ジャパン内の『クールジャパン2016』で開催中のアトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」の制作を皮切りに、“日本の元気をさらに世界に伝えること”をテーマに2016年中に実現する5つの項目となる。

すでに実現されているユニバーサル・スタジオ・ジャパン「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」の他、初ベストアルバムの世界リリース、3度目のワールドツアーの開催発表、海外アーティストとのコラボレーション、初アートワーク展の国内及び海外での開催など、多岐に渡ってド派手に様々なことへチャレンジしていくことを決意表明している。

さらに、5周年を記念し公開されたスペシャルサイトでは、きゃりーぱみゅぱみゅを大解剖。体内に潜り込む特殊インターフェイスで 「5つのたくらみ」の詳細情報を公開。ここでしか見ることができないスペシャルな対談企画や、きゃりーぱみゅぱみゅのロゴデザインの募集など広範囲に楽しめ、閲覧者も参加可能なスペースとなる予定だ。

【日本と海外をつなぐ『5つのたくらみ』】

(1) ユニバーサル・スタジオ・ジャパンアーティスト初のアトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」

開催中のイベント「ユニバーサル・クールジャパン 2016」にて、アーティストとして初となるアトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」。このイベントは、世界的に高評価を受けているマンガ、アニメ、ゲーム、音楽やファッションなどの優れた日本発のエンターテイメントブランドより音楽部門できゃりーぱみゅぱみゅが選出、制作されたアトラクションとなる。さらに、世界初・世界最新鋭の“XRライド”となり6月末まで開催予定。

(2) 初のアートワーク展の実施

デビューからこれまでCDジャケットでは、唯一無二な存在感できゃりーぱみゅぱみゅの世界観を表現。そのCDの初回限定盤でしかみれなかった作品のアートワーク展が5周年を記念し開催決定。このアートワーク展にはチームきゃりーが一同に集結し、アート性の高い世界観を体感可能な展示イベントとなる。国内だけでなく海外でも開催予定。

(3) 様々アーティストとの夢のコラボレーションを実現!

デビュー5周年を記念し、国内外問わず活躍する様々なアーティストとのコラボレーションに初挑戦。アーティストきゃりーぱみゅぱみゅの新境地を開拓。詳細は、後日盛大に発表予定。

(4) きゃりーぱみゅぱみゅ、初のベストアルバムを世界リリース!

デビュー曲「PONPONPON」から最新CMタイアップ曲までを惜しみなく収録した超豪華盤を遂に世界リリース! 初回限定盤は5周年を記念した数量限定となり、リアル顔型の豪華パッケージ仕様を予定。収録内容やその他の特典内容は随時解禁。

(5) 3度目となるワールドツアー開催!ツアーファイナルは武道館2DAYS!

2013年、2014年と2年連続で開催され、世界中で熱狂のライブを繰り広げたKPPワールドツアー。2016年、デビュー5周年を迎え、さらにパワーアップしたきゃりーぱみゅぱみゅの3度目となるワールドツアー開催決定! 5月のシンガポール公演からスタート、ツアーファイナルには、日本武道館にて8月19日、20日の2DAYS公演も決定。
※開催国は、シンガポール、イギリス、オーストラリア、アメリカ、台湾、日本(日本武道館)を予定。

【きゃりーぱみゅぱみゅコメント】
「2011年のデビューから本当にあっと言う間の5年間でした。これまでとにかくおもしろく、新しいことにチャレンジしていくことをモットーに活動してきましたが、今年はアニバーサリーイヤーということで、少しだけ野望をもって、日本の元気をさらに世界に届けていける1年にできればと思ってます! とにかく派手に!この5周年を盛り上げていきたいので、温かく見守って頂けるとうれしいです!!」

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。