ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月2万8000円から「定額タクシー乗り放題」 JTBの実証実験に高齢者は「外出しやすくなった」と大喜び

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、交通事故全体が減る一方、高齢者ドライバーによる事故は急増している。そんな中、大手旅行会社のJTBとタクシー会社が、福岡市の一部で70歳以上の高齢者を対象に「タクシー定額乗り放題」の実証実験を始めたことを、1月28日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)が紹介した。

71歳の小金丸和子さんは、去年運転中に事故を起こしてから免許証を自主返納した。娘さんはペーパードライバーで運転できず、外出にはタクシーを利用している。乗車の際に顔写真入りの登録カードを運転手に見せるだけ。あらかじめ行き先を指定しておき、その範囲であればタクシーを何度でも使えるしくみだ。
月2万8000円で「買い物」と「お見舞い」に利用

料金は設定した距離によって、2万8000円から6万4000円まで。小金丸さんの場合、自宅から10分ほどのスーパーと、母が入院している病院を行き先にして2万8000円。かつては自家用車の維持に月に約4万円かかっていた小金丸さんは、笑顔でこう語る。

「月々の経費からするとお得。ちょっとした買い物でも、外出しやすくなった」

母親が認知症気味なので、顔を忘れないよう見舞いは毎日。通常のタクシーなら、病院の往復が週2回で約3600円。スーパーの往復を週3回で約5400円。1か月で合計3万6000円ほどになり、毎日病院に通うことを考えると月2万8000円はかなりお得だ。

このサービスは、大手旅行会社JTBが福岡市内のタクシー会社と連携し、70歳以上をモニターとして始めた実証実験だ。4月からは全国の政令指定都市20か所で本格的なサービスとして展開する予定。JTB九州の藤本健輔さんは、ねらいをこう語る。

「身近なところでJTBという名前に接してもらい、他の旅行にもつながれば」

高齢者の運転は突然の体調不良など不安材料が多いが、免許を返納すべきと思っても移動手段がなくなるのは困る。JTBのねらい通りの波及効果があるかどうかは不明だが、こうしたサービスは高齢化社会に適したとても良いサービスだと思う。(ライター:okei)

あわせてよみたい:就活生は初乗り運賃タダ! 都内に「就活応援タクシー」が出現
 

CareerConnection 企業インサイダー
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP