ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【SANRIO EXPO2016】『セガトイズ』×『サンリオ』共同企画第2弾 アニメ『リルリルフェアリル』が2月6日放送開始!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『サンリオ新商品展示会SANRIO EXPO 2016』にて、『リルリルフェアリル〜妖精のドア〜』の新情報が発表された。『リルリルフェアリル』は『ジュエルペット』シリーズに続く、『セガトイズ』と『サンリオ』の共同開発プロジェクトの第2弾となる。妖精“フェアリル”が自分だけの鍵“フェアリルキー”を持ち、その鍵で開くドア(フェアリルドア)を探し成長していくストーリー。

『SANRIO EXPO 2016』では、りっぷちゃんを演じる声優花守ゆみりさん、フェアリルゴール役の白井悠介さん、さらにライブキャラクターのりっぷちゃんが揃って登場。かわいらしい姿を披露した。

会場の『リルリルフェアリル』ブースでは、世界観を彩るグッズの展示も行われていた。『サンリオ新商品展示会 SANRIO EXPO 2016』は2月1日から2月5日まで一般公開される。気になる方はアニメ放送前に一足早く『リルリルフェアリル』の世界に触れてみては。

『リルリルフェアリル〜妖精のドア〜』作品情報

■あらすじ
フェアリルは「種」(フェアリルシード)から生まれた妖精たち。
チューリップのフェアリル「りっぷ」を中心に、 花の妖精・虫の妖精・
人魚の妖精などたくさんのフェアリルたちが暮らす「リトルフェアリル」での生活は、毎日がとびきり素敵なできごとでいっぱい。

いつか自分だけの特別なドアを見つけるために、 学校に行ってさまざまな授業を学んだり、 友達と遊んだり、 イベントに参加したり。
毎週たくさんの個性豊かなフェアリル達に出会えます。

一方、 人間の世界ではフェアリルの存在を信じている花村望は、 いつかフェアリルに会いたいと毎日図鑑片手に探している。
ある時、 ふいに取り付けた小さな「妖精のドア」(フェアリルドア)を通じてフェアリルの誕生の瞬間を目にすることに・・・。

どんなフェアリル達がどんな生活を送っているのか?フェアリルと人間たちが出会う事はあるのか?
人間はフェアリルの存在を受け入れることが出来るのか?

ファンタジー絵本のような世界観と、 たくさんの個性豊かなキャラクターで贈る、 夢を見つけ成長していく
ストーリーです。

「フェアリル達に会ってみたい!」「リトルフェアリルに行ってみたい!」と感じること間違いなしです。

原作 サンリオ・セガトイズ
監督 五城 桜
シリーズ構成 松井 亜弥
キャラクターデザイン 山口 仁七
美術監督 西倉力
色彩設定 桂木今里
撮影監督 川口正幸
編集 松村正宏
音響監督 山本浩司
音響制作 ダックスプロダクション
音楽制作 ドライブ
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 テレビ東京・テレビ東京メディアネット

リルリルフェアリル公式サイト
http://fairilu.jp/
リルリルフェアリル あにてれテレビ東京公式サイト
http://ani.tv/rilurilufairilu/[リンク]

(C) 2015,2016 SANRIO/SEGA TOYS
サンリオ・セガトイズ/テレビ東京・リルリルフェアリル製作委員会

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP