体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トム・ハーディ×トム・ハーディ 『レジェンド 狂気の美学』公開決定

レジェンド_

トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)が一人二役で主演を務める映画「Legend」(原題)が邦題を『レジェンド 狂気の美学』とし、6月18日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA,新宿シネマカリテほかにて全国順次公開することが決定。

 

『レジェンド 狂気の美学』は1960年代にロンドンで暗躍し恐れられた双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描いた実録クライムサスペンス。

ロンドンの貧しい家庭に生まれながら暗黒街のトップにのぼりつめたクレイ兄弟は、イギリスでは“切り裂きジャック”と並び称されるほどの英犯罪史上に名を遺す犯罪者。殺人も辞さないほどの暴力で裏社会を支配していただけでなく、スタイリッシュなスーツを身に纏い数々のナイトクラブのカリスマ経営者としてその手腕を発揮。有力者たちとも懇意だった彼らの力は政治的にも社会的にもあまりに大きく、警察の手も及ばない存在で、単なるギャングではなくセレブリティそのものだった。そんなクレイ兄弟の生き方やスタイルは伝説になり、今もなお語り継がれている。

 

スマートでビジネスの才能に長けているが歪んだ凶暴性を秘めたレジー・クレイと、精神的に不安定で衝動的な暴力癖のあるロニー・クレイ。このクレイ兄弟を一人二役で演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』他主演作が次々と公開され、『レヴェナント:蘇りし者』では第88回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたトム・ハーディ。本作でもハーディは圧倒的な演技力で異なる個性を持つ双子を演じ分け、9つもの映画賞で男優賞にノミネート。うち英国インディペンデント映画賞とトロント批評家連盟賞、ロンドン批評家サークル賞で受賞を果たしている。

レジーの妻フランシス役にはオーストラリア出身で『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』での好演も記憶に新しいエミリー・ブラウニング。そしてロニーのゲイの恋人役に『キングスマン』でブレイクしたタロン・エガートンがキャスティングされている他、デヴィット・シューリス(『ハリー・ポッター』シリーズ)ポール・べタニー(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』)クリストファー・エクルストン(『マイティ・ソー/ダークワールド』)など、若手からベテランまで世界で活躍する英国の実力派俳優たちが脇を固めている。

また、監督・脚本は『L.A.コンフィデンシャル』で第70回アカデミー賞脚色賞を受賞し、『ミスティック・リバー』『サブウェイ123 激突』『42~世界を変えた男~』などで世界的な評価を得ているブライアン・ヘルゲランド。

本国イギリスでは昨年9月11日に522館で公開され、週末興行収入約10億円($8,008,077)をたたき出し興行ランキング1位を獲得、大ヒットを記録した。

 

 

 

『レジェンド 狂気の美学』

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会