体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもが走り大人も踊る!? 科学とゲームがコラボする日本科学未来館の新感覚展示『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』レポート

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』レポート

日本科学未来館が情報科学分野の10年ぶりの常設展示更新にゲームクリエーター飯田和敏氏を起用。空間情報科学の未来って何? 科学とゲームのコラボってどうなの!? 何かと興味深い『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』を体験してきた。

この記事にはたくさんの写真が含まれています。全ての写真が見たい方はこちらからご覧下さい。

アナグラの入口

日本科学未来館

日本科学未来館は東京・お台場にある宇宙飛行士の毛利衛氏が館長を務める日本の最先端科学技術を展示するサイエンスミュージアム。その外観が映画『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』のロボット工業社屋として使用されたことでも有名だ。最近有機ELパネルにリニューアルしたシンボル展示『Geo-Cosmos』が美しい。

有機ELパネルにリニューアルしたシンボル展示『Geo-Cosmos』

さまざまな企画展示に加え、“地球環境とフロンティア”、“生命の科学と人間”、“技術革新と未来”そして“情報科学技術と社会”といった分野の常設展示を行っている。

たくさんのゲームクリエーターが参加した『アナグラのうた』

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』は“情報科学技術と社会”エリアに展示されている。

グラスホッパー・マニファクチュアのゲームクリエーター飯田和敏氏(『太陽のしっぽ』『巨人のドシン』『ディシプリン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版-サウンドインパクト-』など)が演出、エウレカコンピューターの犬飼博士氏(『eスポーツグラウンド』『Mr. SPLASH!』など)がディレクション、ブレインストームの中村隆之氏(『Nagi』『ルミネス』『バーチャファイター』など)がサウンドシステムを手がけるなど、多数のゲーム関係者が参加している。最先端の科学技術の紹介が彼らの参加によってどのような展示になったのだろうか。

アナグラのうたのゲームクリエーターたち

写真:左から犬飼氏、中村氏、飯田氏、アニメーション・グラフィックを担当した納口氏

どんな展示なの?

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』は私たちが暮らす実空間での人やモノのふるまいを計測し、その結果を計算して理解し合うことで、人々の暮らしを支援しようという“空間情報科学”の展示だ。

ストーリー
世界に危機が訪れたとき、博士たちは世界を救おうと、アナグラにこもって空間情報科学を参考に5つの実験装置をつくりあげた。5人の博士がいたが時間の経過してひとりずつ消えてゆき、だれもいなくなってしまった。博士たちの面影が残るアナグラで、装置たちはずっと待っていた。長い時間訪れる人はいなかったが1000年の時がたち、私たち(この展示の来場者たち)が訪れた。

この展示の中で、博士たちの作った装置を体験し、博士の机に残された2011年頃の実際の研究者の生の映像や資料を見て、空間情報科学とは何か、博士たちがどのようにしてこの世界を救おうとしていたのかを感じてみよう。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会