ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO、4GB RAMを搭載した「OPPO F1 Plus」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー OPPO が CES 2016 でローンチした新スマートフォンシリーズ「OPPO F」の新モデルとなる「OPPO F1 Plus」を発表しました。OPPO F シリーズはカメラ機能を重視した OPPO の主力モデルで、これまでに OPPO F1 が発表されています。今回の OPPO F1 Plus は、OPPO F1 の上位版という内容で、ディスプレイは 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルに拡大され、RAM は 4GB に増えました。他の部分は OPPO F1 に近い内容で、プロセッサは Snapdragon 616 1.7GHz オクタコアを採用し、32GB ROM、背面に F/2.2 レンズの 1,300 万画素カメラ、前面に F/2.0 の 800 万画素カメラを搭載し、美顔モードなどの自撮り用の補正機能を多数搭載しています。OPPO F1 Plus はインドで発表されており、価格は 26,990 ルピー(約 47,000 円)と比較的高額です。Source : Twitter

■関連記事
タイムラインで声を共有できるAndroidアプリ「2sec」がv1.0.14にアップデート、Twitterの音声合成により抽出を追加
JR東日本、スマートフォンから旅行商品を購入できる新サービスを開始、2月2日からはJR東日本アプリも対応
YouTubeのAndroidアプリ、通知に「後で見る」ボタンが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP