ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】小保方晴子が激怒した絶対に絶対に許せない5人 / 処女作「あの日」で暴露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

理化学研究所発生再生科学総合研究センターで研究に従事した、小保方晴子(32歳)。彼女が初めての著書「あの日」(講談社)を2016年1月28日に出版し、大きな注目を集めている。

いままで自分の言葉で考えや状況を伝える機会がほぼ無かったことから、今回の手記が「小保方晴子にとって初めてきちんと言葉を伝えられる機会」ともいえる。その内容は非常に読みやすく、そしてわかりやすい文章。だからこそ「激怒した絶対に許せない5人」がハッキリと確認できる。

小保方晴子の「あの日」から引用し、小保方晴子が激怒した絶対に許せない5人を紹介したいと思う。いや、激怒というより「強烈な不快を感じた5人」というべきか。

・小保方晴子が著書「あの日」で怒りをあらわにした5人
1. 週刊文春
「その週刊誌には乱倫研究室などと見出しをつけられ、私と笹井先生が個人的に親密であるかのような記事が書かれていた」
「その後も週刊文春には毎週のように私に対するバッシング記事が掲載されるようになった」

2. 週刊新潮
「マンションの中に逃げ込むと、カメラマンや記者が一緒に中まで入ってきて、録音しながら矢継ぎ早に質問された。無理やり渡された名刺には週刊新潮と書かれていた。部屋の前まで侵入してきた見覚えのある顔の記者もいた。恐怖で足の震えが止まらず、初めて警察を呼んだ」

3. NHK
「NHKの藤原淳登記者から私の携帯電話に電話やメッセージが直接来るようになった。NHKの記者がどのように携帯電話の番号まで個人情報を入手しているのかを考えると生活のすべてを包囲されているような恐怖で、もう生きていくことができないと考える時間が長くなった」

4. 毎日新聞 須田桃子記者
「特に毎日新聞の須田桃子記者からの取材攻勢は殺意すら感じさせるものがあった。脅迫のようなメールが取材名目でやってくる」
「悪と決めた私のことを社会的に抹殺しようとしているように思えた」

5. kahoというブロガー
「ブログのことを知らせてくれた研究員は、「あまりにも内容がひどく、kahoという人は理研内部の誰かに違いない。しかも笹井先生に敵意を持っているように読める」と泣きそうな声で訴え」
書籍「あの日」(著者: 小保方晴子)より引用

・ある意味これは供述調書
この手記「あの日」には、マスコミから受けた非常識な取材の数々が、こと細かく描写されている。かなり詳細に書かれているため、ある意味これは供述調書ともいえる。マスコミの行為を公(おおやけ)にすることで、法的問題に発展した際の防衛手段として役立つのかもしれない。以下はマスコミ関係者の声。

・マスコミ関係者のコメント
「この件に関して私は中立なので偏った考えは出しません。複数の機関が小保方晴子をブラックだと決定付けたとしても、まだグレーな部分が残されており、そこがホワイトになる可能性が秘められています。感情や憶測、テレビや雑誌などの情報を鵜呑みにするのではなく、あらゆる情報をもとに考えれば、小保方晴子が完全なブラックとは言い切れなくなるかもしれません。彼女自身が潔白だと主張しているのならば、そこからスタートして物事を判断していく「追及と追求」もありですよ」

・自業自得と判断する前に
現在も小保方晴子は疲労困憊しているようだが、マスコミから猛烈なバッシングを受けていた当時は、今以上に大きな精神的ダメージを受けていたようだ。自業自得と判断する前に、今一度、あらゆる支店から物事を見て判断してみてはどうだろうか。

https://youtu.be/Nf6slUvvpLI

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/01/28/obokata-haruko-anohi-2/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP