ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony Ericsson、”Walkman”ボタンを搭載したAndroidスマートフォン「Live with Walkman」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Ericssonは8月22日、”Walkman”ブランドのAndroidスマートフォン「Live with Walkman」を発表しました。今年Q4中に選択的地域で発売されます(日本は含まれていません)。「Live with Walkman」はAndroid 2.3(Gingerbread)、3.2インチディスプレイを搭載したコンパクトなスマートフォンです。Walkmanブランドだけあって押すとミュージックプレイヤーを起動できる”Walkman”ボタンが搭載されています。「Live with Walkman」もFacebookとさまざまなところで連動する”Facebook inside Xperia”に対応する端末で、ミュージックプレイヤーから気に入った楽曲の情報をFacebookに投稿したりできます。また、Sonyのオンデマンド型サービス「Qriocity」にも対応しており、ミュージックプレイヤーのInfiniteボタンを押すとYouTubeだけではなく「Music Unlimited by Qriocity」から楽曲を検索することもできます(Music Unlimitedは一部の地域でのみ提供されているサービスです)。さらに、Sony独自のオーディオレベル強調技術である「xLoud」にも対応しています。スペックは、3.2インチ(解像度480×320ピクセル、HVGA)サイズの液晶ディスプレイ、Qualcomm MSM8255 1GHz、512MBのRAM、約320MBのアプリ領域、背面に720pHDサイズまでの動画撮影も可能な500万画素CMOSカメラ、前面に30万画素のCMOSカメラを搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、GSM/WCDMA。バッテリー容量は1,200mAh、WCDMAでのスタンバイ時間は850時間、通話時間は6時間42分、音楽再生時間は最大17時間30分。本体サイズは106.0 x 56.0 x 14.2 mm、本体質量は115g。Source : Sony Ericsson OS:Android 2.3.3(Gingerbread) サイズ:106.0 x 56.0 x 14.2 mm 重さ:約115g ディスプレイサイズ:3.2インチ、解像度480×320(HVGA) ディスプレイ:TFT LCD、16Mカラー、静電容量式、マルチタッチ、キズ防止加工のフロントパネル チップセット:Qualcom MSM8255 1GHz GPU:Adreno 205 メモリ:512MB ストレージ:1GB ROM(利用可能領域320MB) マイクロSD:32GBまで対応(2GB同梱) リアカメラ:500万画素、オートフォーカス、LEDフラッシュ、8倍デジタルズーム、顔検出、シーン検出、ジオタグ、720pHD@30fps Video フロントカメラ:30万画素 対応周波数WT19i:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(900/2100MHz) 対応周波数WT19a:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(850/1900/2100MHz) ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB センサー類:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、GPS/A-GPS対応 バッテリー:1,200mAh 連続待受時間:850時間(WCDMA) 連続通話時間:約6時間42分(WCDMA) 機能など:DLNA対応(Connected Devices) カラー:ホワイト、ブラック 


(juggly.cn)記事関連リンク
Sprint版Galaxy S II「Epic Touch 4G」は9月9日発売?
イーモバイルのAndroid 3.2搭載7インチタブレット「GALAPAGOS A01SH」は8月30日発売、44,800円
シャープ、NFCリーダ/ライタを搭載した企業向けAndroidタブレット「RW-T107」を9月5日より発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。