ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

よく見ると線がない!?点だけで細密画を描くフランス人アーティストがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランス人アーティスト、Casalta Xavierさんの作品が“細かすぎる!”と話題を呼んでいます。

・超絶技法が話題に

こちらがXavierさんの作品で、題名は「Autumn」

56cm四方の画面には、その名の通り、秋の豊かな実りが広がっています。

一見したところ普通の鉛筆画のように思えますが、近づいてみると…

ん!?ドット??

無数の点が見えます!

・点だけで描くアーティスト

この作品は一切の線を使わず、点の大きさと濃淡だけで描かれた作品なのです。

制作を開始したのは2015年の終わりごろで、完成までに費やした時間は、なんと370時間!

さらに点の数は700万個だそう。

使う道具は0.1mmの黒いペンだけ。

延々と点を刻み、ひとつの作品を仕上げます。

Xavierさんは、若干23歳ながら、これまでに同様の点描作品をいくつも完成させています。

作品はウェブサイトに掲載されており、根気の作品は、絶対に見る価値あり!

Casalta Xavier
http://casaltaxavier.com/

・アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。