ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

泣く子も黙る「十四代」も参加!人気蔵元集結の中田英寿プロデュース日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元サッカー日本代表の中田英寿さん。引退後は日本各地をまわり、日本の伝統文化をめぐるRevalue NIPPONというプロジェクトを通して精力的に文化をつたえる取り組みを行っています。

そんな中田さんがプロデュースする日本酒イベントが六本木ヒルズで開催されます。2016年2月5日〜14日の期間で開催される「CRAFT SAKE WEEK@六本木ヒルズ」は、日本酒は芸術品”CRAFT SAKE”という視点で見つめ、スペシャルな料理とともに日本酒を楽しめるイベント。

期間中は日替わりで参加する酒蔵がかわるというとてもおもしろい仕組みになっていて、日毎にチーム名がつけられており、複数の酒蔵がチームを組んでお酒を振舞うというスタイル。

参加する酒蔵もとても個性があり、日本酒好きであればかなりそそられるラインナップになっています。

例えば2月8日のチーム「お燗マスターズ」は龍力、大七、飛良泉、獺祭、天狗舞、菊姫など、お燗にしてもおいしい銘柄が充実。2月12日のチーム「世界に誇る巨匠達」では黒龍、浦霞、羽根屋、梵、加賀鳶、田酒、明鏡止水などの人気蔵元揃い。最終日の2月14日にはなんと「チーム十四代」と題して、十四代と、つながりが深い東洋美人、鳳凰美田など10蔵が集合します。

日本酒とともに提供される食事は実にプレミアムな名店揃いで、ミシュランガイドで星を獲得し続ける名店「la bombance(ラ・ボンバンス)」も参加します。

料金は¥3,500でグラス+お猪口+お酒、そしてお食事用¥250コイン6枚分がついてきます。(追加購入可)

ただの試飲会という感じとはちがいちょっぴりプレミアム感のあるCRAFT SAKE WEEK。日本酒好きになはたまらないイベントになりそうです。

CRAFT SAKE WEEK @六本木ヒルズ屋台村

 

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

日本酒をいつまでも美味しく!真空状態で酸化を防ぎ日本酒を新鮮に保てる「SAKE SAVER」発売
行くしか〜っ!渋谷に日本酒の蔵元が大集結「SHIBUYA SAKE FESTIVAL」5月16日開催
日本酒100種が時間無制限3000円で飲み放題!あの「奇跡の飲み屋」が浅草に2号店オープン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP