体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あのイケ僧も登場!? いま注目の僧職系男子が開くワークショップ『お坊さんのススメ』

真夜中のラジオ vol.0 お坊さんのススメ ~お坊さんってなんだろうワークショップ~(彼岸寺)

近ごろ話題の“僧職系男子”たちが楽しげなイベントをするようです。仏教ウェブマガジン『超宗派仏教徒によるインターネット寺院 虚空山彼岸寺(以下、彼岸寺)』は、『真夜中のラジオ vol.0 お坊さんのススメ ~お坊さんってなんだろうワークショップ~』を8月28日(日)に京都で開催。謎のベールに包まれたお坊さんの生活や仕事について紹介しながら、参加者とともに「お坊さんって何だろう?」をオープンに考える場を作ります。

『彼岸寺』は、2004年に東京大学を卒業後に僧侶を志した松本圭介さんの「出家体験」を綴るブログとしてスタートしたポップな仏教ウェブマガジンです。松本さんは、神谷町・光明寺に寺カフェ『神谷町オープンテラス』や、築地本願寺でのお寺ライブ『他力本願で行こう!』を企画し、お坊さんムーブメントの立役者として注目をあびる存在。彼のもとに集まった人たちがユニークな連載を展開し、お坊さんや仏教の魅力を新鮮な切り口で伝え人気を集めています。

『お坊さんのススメ』では、松本さんのほか現『彼岸寺』編集長・松下弓月さん、『暗闇ごはん』を主催する“料理僧”青江覚峰さんの3人の“イケ僧”たちがスピーカーとして登壇。それぞれの立場から「お坊さんのふだんの生活」「お坊さんの仕事」「お坊さんになって良かったこと」など、素顔のお坊さんライフを語ります。『彼岸寺』によると、「お坊さんとお坊さんじゃない人の両方が参加して参加者同士で話す場も設ける」とのことですので、僧職系男子と話してみたい人には絶好のチャンスかも?

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。