ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cyanogen、CyanogenMod 13にアプリのロック機能を追加へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Cyanogen は、Android 6.0 ベースの CyanogenMod 13 に今後のアップデートでアプリの起動をブロックする新機能を追加する模様です。同社は新機能のデモ動画を公開しており、それを見たところ、アプリをロック対応のフォルダに放り込むと、アプリをパスワード認証や指紋認証でロックできるようになり、認証をクリアしないと利用することができません。動画の例では、Google Play ストアをロックをかけたフォルダに放り込むことで、Google Play ストアで Waze アプリのインストールを防止できることを紹介しています。機能の詳細は公開されていませんが、動画だと新機能は一般的なアプリロッカーとは違って、ロックはアクティビティ単位で制御できるようです。つまり、ロックを掛けている場合でも、アプリを起動することは可能となっています。Source : Google+

■関連記事
Xiaomi、Mi Pad 2のWindows 10搭載モデルを1月26日に発売へ
Android Tips : Google Play残高を確認する方法
Google、Google Playゲームにおける権限の仕組みを今年中に刷新、オートサインインの追加やGoogle+へのアップグレードが不要に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP