ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GLIM SPANKY、「ロックは生きている」企画にて FROGMANとの対談など多彩なキャンペーンを展開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月27日にミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリースするGLIM SPANKYが、2016年に掲げるキャッチコピー「ロックは生きている」にあわせた各種企画を多方面で立体的に展開中だ。

Twitter上にて行なわれている「ハッシュタグキャンペーン」は自分がロックだと思う曲を、GLIM SPANKYとファンの間で教えあうキャンペーン。ハッシュタグ「#ロックは生きている」をつけてTWEETすると、特設ページに反映される仕組みになっている。

また、TBSラジオ「SOUND AVENUE 905」1月22日(金)21:00~22:00の週替わりDJをGLIM SPANKYが担当することも決定している。

さらに、音楽情報サイト『OKMusic』にて「ロックは生きている」対談をシリーズ連載! 現在、第一弾としてFROGMAN氏とのロック対談が公開中だ。今後ブラインドサッカー日本代表 加藤健人選手、みうらじゅん氏との対談を掲載予定とのこと。

各方面で多彩に展開されている「ロックは生きている」企画。GLIM SPANKYのルーツを垣間見る事の出来るまたとないチャンス、気になる方は是非一度触れてみてはいかがだろうか?

■「#ロックは生きている」特設ページ
http://sp.universal-music.co.jp/glim-spanky/rock/
■OKMusic「ロックは生きている」対談(連載)
http://okmusic.jp/#!/news/108110

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP