ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暖房費の節約に貢献!フランス発のサーモスタットメーター「qivivo」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寒さ厳しいこの時季。家の中で、ついつい暖房をつけっばなし、という事態に陥っていないだろうか。

しかし、これを続けていれば、光熱費がかさむばかりか、二酸化炭素の過剰排出にもつながってしまう。エコのためにも、ここはぜひ、賢いコントロール術を学びたいものだ。

そこでおススメしたいのが、フランスから登場した「qivivo」。遠隔制御可能なワイヤレスサーモスタットメーターで、空調にまつわるあらゆることを、スマホ1つで実現する、お洒落で便利なデバイスである。

・自己学習で常時快適な温度を提供

シンプルフェイスの「qivivo」。余計な装飾は一切なく、部屋の温度が一目でわかる。

デバイスは、屋外の天候から湿度、乾燥の度合いまで敏感に感知。その日の状況にぴったりフィットした温度を提供してくれる。

完全自律型のため、暖房プログラミングも必要なし。自己学習によって、快適な温度調整に伴う知恵を、どんどん吸収していく。

・光熱プランまで立てられる便利アプリ

操作は専用アプリをダウンロードした上で、スマホかタブレットを介して行う。

室内のみならず、外出先から指示することも可能。帰宅する時刻に合わせて、暖房を入れることもできるし、旅行などで留守が続いた場合は、自動的に不在が検知され、保護モードに切り替わる仕組みだ。

アプリにはまた、加熱の履歴をグラフ化する機能も実装。温度の推移やかかった費用に関して、月ごとに報告されるようになっている。結果を元に、効率的な光熱計画を立てられるのも、大きなポイントだ。

フランスらしい、スタイリッシュなデザインも特徴的な本品。価格は、149,90 ユーロ(約1万9千円)。暖房費節約のために、早速取り入れてみたいところ。

qivivo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP