ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バンクシー、狂乱の1ヶ月に密着したドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

正体不明、謎のストリートアーティスト、バンクシーが仕掛けた宝探し競争。

ニューヨーク、狂乱の1か月!!!

 

2013年10月1日、BANKSYがニューヨークで展示をスタートさせた。

告知もなく突然始まったその展示は、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。

Twitter、Instagram、Facebook、Vineを駆使してバンクシーの作品を捜索する人々、作品を上書きするグラフィティ・ライター、アクリル板で保護するビルオーナー、即作品を売買するギャラリーオーナー。

〝バンクシー・ハント“は加熱するばかり!

2015年夏に〝憂鬱な遊園地″ 「Dismaland」をイギリスにて開催(会期終了後、設備は解体され、シェルターを建設するため仏カレーにある難民キャンプに輸送された)、つい先日も難民キャンプの壁に〝シリア難民の子”であるスティーブ・ジョブスを描くなど、作品の中で常に社会とアートの在り方を問うてきたバンクシー。

本作は、「都市や屋外や公共の場所こそ、アートが存在するべき場所なんだ。

アートは市民とともにあるべきだ」と語る彼が、ニューヨークをハックした1か月を追ったドキュメンタリー!

 

※BANKSYとは・・

正体不明のストリートアーティスト。

世界各地でゲリラ的に作品を描くことで知られている。彼が壁や路上に「違法」に描いたグラフィティは世界的な注目を浴び、驚くほどの高値を呼んでいる。ブラッド・ピットやアンジェリーナ・ジョリー、キアヌ・リーブズ、ジュード・ロウ、クリスティーナ・アギレラなどのセレブにも彼のファンは多い。自らの作品をMoMA、メトロポリタン美術館、大英博物館などに無断で展示したり、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区の分離壁に、イスラエル軍から威嚇砲弾されながら描いたり、仏カレーの難民キャンプにシリア移民の父を持つ故スティーブ・ジョブズを描くなど、つねに作品で問題提起をしており、議論を巻き起こしている。2010年にはドキュメンタリー映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』を初監督し、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』

監督:クリス・モーカーベル

(2014年/アメリカ/81分/カラー/16:9/DCP)

提供:パルコ 配給:アップリンク、パルコ 宣伝:ビーズインターナショナル

 

3月26日(土)渋谷シネクイント、4月2日(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開

 

★【 公式サイト 】

http://www.uplink.co.jp/banksydoesny/

 

★【 公式Twitter 】

https://twitter.com/banksydoesny_JP

 

★【公式Facebook 】

https://www.facebook.com/banksydoesny.jp

 

★関連書籍

『バンクシー・イン・ニューヨーク』

現地の凄腕グラフィティライターが、バンクシーのニューヨークでの活動に完全密着。撤去された作品も全て見られる完全ドキュメント!!

パルコ出版より1/30発売!

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP