体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ロパートキナ 孤高の白鳥』ウリヤーナ・ロパートキナ インタビュー

kina1

世界最高峰として称賛を集めるマリインスキー・バレエ。200年以上の歴史を重ねるこのバレエ団の中でひときわ輝きを放ち、なおかつ重責あるプリンシパルとして団の栄光と品格を体現し続ける存在、それがウリヤーナ・ロパートキナだ。95年にマリインスキーの頂点に昇格して以来、第一線で活躍し続ける彼女。とりわけ彼女の踊る”白鳥”は世界一と評され、研ぎ澄まされた表現力と身体性は観客を魅了し続けてやまないーーー。

映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』は、そんな彼女の素顔に迫ったドキュメンタリーだ。貴重な舞台映像や稽古場でのリハーサル風景、最愛の娘とのプライベート・ショットに加え、彼女自身のバレエに寄せる想い、修行時代の思い出などの数々の証言を捉えたバレエファン必見の内容となっている。

このたび、伝説のバレリーナ、ロパートキナ本人に話を伺う貴重な機会に恵まれた。終始まっすぐな目線で、自分を決して偽らず、胸の内にある素直な言葉を紡ぐ彼女。映画の公開を目前に控えた今、生の声をここにお届けする。

 

 

 

——お会いできてとても光栄です。日本にはよくいらっしゃるのでしょうか。

ロパートキナ 「そうですね、最近は頻繁に来日の機会に恵まれています」

——日本でのお気に入りの場所などがあれば教えてください。

ロパートキナ 「特にここという場所はないのですが、紅葉のシーズンに訪れる小さな公園などはとても美しくて好きですね。残念なのは、何回も日本を訪れていながらいちばん有名な桜の季節にはなかなかご縁がないということ。日本の桜を見たことがないんです。いつかタイミングが合えばと願うばかりです」

———1月に公開となる『ロパートキナ 孤高の白鳥』を拝見しました。ステージ上のロパートキナさんの表現力、美しさに度肝を抜かれるのみならず、その貴重な舞台裏や練習風景も収められていて大変興味深い作品に仕上がっています。映画をご覧になって率直にどのようにお感じになられましたか?

ロパートキナ 「自分がステージに立った時の映像などは日常的に、それこそ仕事や練習の一環としても飽きるくらいに見慣れているわけですから、こと私に限って言えば、自分の踊る姿に特別に感動するということはなかったですね。バレエをよく知っている人、バレエを何回も鑑賞している人にとっては非常に面白い作品に仕上がっていると思いますが、逆にまったくバレエを見たことのない人、そしてバレエを知らない人には、果たしてこの映画を楽しんでいただけるのかどうか正直よくわからないです」

——————私はどちらかというとバレエの初心者なのですが、映像の中でロパートキナさんが踊る姿に涙がこぼれてしまいました。特に「瀕死の白鳥」という演目では最後に本当に魂が白鳥そのものと化しているかのようで本当に圧倒されました。

ロパートキナ 「そう言ってもらえると嬉しいのですが……」

kina2

「自分の映像を見るといつも修正点を探してしまう」

 

——華やかなバレエの世界の裏側に観客の視点をいざなってくれる本作。どのような経緯で企画が実現したのでしょう。

ロパートキナ「多くの人々がこの映画を実現するために、動いてくれましたが、先導を切ったのは、古典美術とロシアバレエを愛する、フランスに住むロシア人女性でした。彼女がマレーネ・イヨネスコ監督や撮影資金の調達に協力してくれた方々に掛け合ってくれたおかげで、今回の企画が形を帯びてきたのです」

——稽古場での練習風景も圧巻でした。ロパートキナさんにとってカメラの存在がプレッシャーになったりするようなことはありませんでしたか。

ロパートキナ 「正直に言うと、ちょっとプレッシャーでしたね(笑)。練習している私の背後からカメラが向けられると、何か自分のあまり美しくないポーズなどを撮られてしまうのではないかと気になってしまって。稽古場では常に集中していたいので、練習風景を撮影されることはあまり好きではないですね」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。