ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和アロマ『FRAGRANT KISHU-WAKA 仏手柑(ぶっしゅかん)の香り』は100%天然&国産・300個限定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内に流通するアロマオイルは、その大半が海外製。そんな中、和歌山の酒造メーカーである中野BCが開発した100%国産の和アロマが注目を集めている。2016年1月15日発売の『FRAGRANT KISHU-WAKA 仏手柑(ぶっしゅかん)の香り』は、すでに販売されている5種類の香りに新たに加わった数量限定商品。  

和歌山生まれのアロマオイルシリーズ「FRAGRANT KISHU-WAKA」とは?

「FRAGRANT KISHU-WAKA」とは、酒造メーカー・中野BCが開発した”和のアロマオイル”で、100%国産の原料と100%天然精油にこだわった特製フレグランスシリーズ。女性社員8人のチームが中心となり、オイル抽出からパッケージデザインまですべての工程に携わり、“女性が手にしたい”を追求したエレガントな和のアロマを完成させた。2015年4月16日発売より、ミカン・甘夏・柚子・レモン・三宝柑(さんぽうかん)の5種類の香りが発売され人気を呼んでいる。  

 

1個3000円以上する高級かんきつ類『仏手柑(ぶっしゅかん)』を贅沢に使用!

「FRAGRANT KISHU-WAKA」に新しく加わった『仏手柑』(ぶっしゅかん)とは、その見た目が仏様の手の指のように分かれたユニークな形。主に観賞用として用いられるミカン科の果実で、爽やかな香りと野性味あふれるスパイシーな香りが特徴だ。希少性が高いため、1個3000円以上する高級かんきつ類として流通している。

   

そんな『仏手柑』(ぶっしゅかん)を、1瓶5mlあたり2個分も使用したのがこの『FRAGRANT KISHU-WAKA 仏手柑(ぶっしゅかん)の香り』。今だけの300個限定で、1月15日より発売をスタート。1瓶3780円(税込)。アロマウォーマーやディフューザーなどの芳香器に数滴たらしたり、カップにお湯(40~50度)をはり、精油を3滴ほど落とすと、手軽にオシャレなルームフレグランスとして楽しめる。また、これから花粉症に悩まされるシーズン。仏手柑(ぶっしゅかん)の癒し効果でリフレッシュがおすすめ。  

 

酒造メーカーの製造方法だからできる、安心のクオリティ

植物系のアロマオイルの製造は、通常、蒸留してオイルを抽出するが、かんきつ類のフレグランスの場合は熱で香り成分が変化しやすいため、皮を押しつぶしオイルを抽出する。そのような圧搾法で抽出すると、かんきつ類が含んでいる光毒性成分の「クマリン」がそのまま残留してしまい、シミや肌荒れを引き起こす原因となることも。

 

普段、なにげなく使っているアロマオイルは、実は女性にとって嬉しくない面を持っている可能性があるのだ。 しかし、「FRAGRANT KISHU-WAKA」では、酒造メーカーが焼酎造りで培った水蒸気蒸留法でオイルを抽出することで光毒性成分を含まない、安心できるアロマオイルの精製に成功。安心できる成分でありながら、収穫したばかりのフレッシュな果実の香りを楽しめる。

 

100%天然&国産の『FRAGRANT KISHU-WAKA 仏手柑(ぶっしゅかん)の香り』は、中野BC酒蔵内のお土産店「長久庵」の店頭および、紀州地酒専門店・長久庵オンラインショッピングで購入可能。同シリーズ商品の5種類のアロマオイルもそちらでチェックを。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP