ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

静電気を防止! 自動車用の加湿器を使ってみました

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


自動車用の注文装備で空気清浄機やマイナスイオン発生機などはあります。でも「加湿器」は聞いたことがないです。ネットで簡単に調べると、通販サイトで簡易的なものは少数ですが確認できます。自動車メーカーが準備していないということは不要なものなのか? 今回、個人的にサンプル品で自動車用加湿器をもらいましたので使ってみました。


これが加湿機本体です。透明な部分に水を入れます。

静電気のショックが無く、室内も暖かい感じです

加湿器に水を入れて、シガーソケットに差し込みます。表面のスイッチを押すと勢いよくミストが放出されます。でも、室内の湿度が上がる気配がない? 空調の設定を変え忘れていました。

まず「A/C」ボタンをOFFにしてください。 A/Cが入っているとせっかく与えた湿気を除湿してしまいます。また、「内気循環」のスイッチも入れてください。これで車内の湿度が上がります。人が多く乗った雨の日などは車内が結露しますが、それよりはマイルドな湿度という印象です。

一番最初に感じたのは、静電気が発生しなくなったことです。車内にある程度の湿度があるので、シートと衣服が擦れた時の静電気が緩和されるのではと考えます。加湿器を使った状態で何度かクルマを降りましたが、バチッと来たことはありませんでした。 
また、いつもの車内より暖かい感じもします。特に静電気を怖がる子供などに対しては良いのではと感じました。

水なので衛生的にする必要はあります

加湿器の水タンクは常に清潔にしておく必要があります。自宅に帰ったら車から外してすぐに洗うのが良いです。 
入れる水も消毒されている水道水が良いと考えます。出先で楽だからとミネラルウォーターを入れたり、フレーバー入りの水を入れたりすると、雑菌が発生する原因にはなりそうです。

自動車グッズというと、効果が疑わしい物も一部ありますが、この加湿器はすぐに体感できました。特に静電気に悩んでいる人にはおすすめできます。

Toloyo 自動車用加湿器 商品レビュー専門 YouTube
https://youtu.be/oQFaN5y1IGY

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP