体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若い世代ほど専業主婦(夫)になりたい!? 共働き夫婦のホンネ

共働き夫婦の約4割は専業主婦(夫)に憧れあり!その理由とは

毎日の仕事が忙しく、ストレスがたまったり、業務がスムーズに進まなかったりすると、仕事を辞めて専業主婦(夫)になりたいと思ったことがある人も少なくないのでは? 現在フルタイムで働いている夫婦は専業主婦(夫)に憧れがあるのか、アンケート調査を行った。
20代は半数以上が専業主婦(夫)になりたいと思っている

子どもを持つ共働き夫婦300人(男女それぞれ150人)に、専業主婦(夫)について質問。複数の項目を用意し、最もあてはまる項目をひとつ選択してもらった。結果は以下のとおり。

Q.あなたは専業主婦(夫)になりたいと思いますか?(単一選択)

・なりたい(14.0%)
・どちらかといえばなりたい(22.0%)
・どちらかといえばなりたくない(30.3%)
・なりたくない(33.7%)

「なりたい」「どちらかといえばなりたい」を合わせると、36.0%の人が専業主婦(夫)になりたいと思っているようだ。では、この結果を世代別・男女別に見るとどうなるのだろうか?

【図1】世代別のアンケート結果(SUUMOジャーナル編集部)

【図1】世代別のアンケート結果(SUUMOジャーナル編集部)

世代別で「なりたい」「どちらかといえばなりたい」を合わせると、20代は半数以上の62.6%が専業主婦(夫)になりたいと思っていることが分かった。しかし、上の世代はなりたいと思っている人が3割ほどまで下がっている。20代は社会に出て間もないため、仕事に対するつらさを感じやすく、やりがいなどを見出す機会が少ないのかもしれない。また、年齢が高くなると、家事や育児などの主婦(夫)の仕事の大変さも十分に理解しており、自宅で一日中家事などに追われるよりは、会社勤めがよいと判断している可能性もあるだろう。

では、結果を男女別に見ると、何か変化があるのだろうか。

【図2】男女別のアンケート結果(SUUMOジャーナル編集部)

【図2】男女別のアンケート結果(SUUMOジャーナル編集部)

男女別では、「なりたくない」を選択している人が、男性(36.7%)に対し、女性(30.7%)と、やや男性のほうがなりたくないと思っているようだ。なぜ、専業主婦(夫)になりたくないのか、今回のアンケートではフリーコメントで、上記アンケートの項目を選んだ理由についても教えてもらった。なりたい派は「育児をしたい」、なりたくない派は「家計が心配」

フリーコメントには、さまざまなコメントが寄せられている。まずは、なりたい派から見てみよう。

【専業主婦(夫)になりたい派】
「平日はほとんど子どもと接する時間がない。もう少し子どもと触れ合う時間が欲しい」(45歳・男性)
「子どもにおやつをつくって、家で待っていてあげたい」(49歳・女性)
「仕事のストレスが大きい」(33歳・女性)
「家事も非常に大事な仕事で料理をつくるのも好きだから」(38歳・男性)

多くの人は、子どもと過ごす時間を大切にしたいと考えているようだ。たしかに、夫婦ともにフルタイムで働いていると、子どもが親と接する時間が限られてしまうだろう。特に小さい子の場合は成長するのも早いため、そばにいてあげたいのが親のホンネなのかもしれない。ほかにも、「仕事がイヤだから」「自由な時間が欲しいから」といったコメントも見受けられた。一方で、なりたくない派の人は……

【専業主婦(夫)になりたくない派】
「日々の生活に飽きそう」(34歳・女性)
「専業主婦をしていた時期があり、息がつまりそうだったので、できるだけ社会とかかわれるように働いていたい」(33歳・女性)
「将来の事を考えると共働きで貯蓄を増やしておきたい」(39歳・男性)
「会社で夜遅くまで仕事をしていたほうが精神的に楽」(57歳・男性)

なりたくない派の人からは、どちらかが専業主婦(夫)になってしまうと「家計が大変になる」というコメントが多く寄せられていた。ほかにも、「一日家にいるのは退屈」や「仕事が好き」といったコメントも多い。なりたくない派のなかには、仕事をして社会人としてのキャリアなどを重視する傾向があるのだろうか。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy