ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google対Facebook 戦いの行方は? 『Google+』がゲーム追加を急いだワケ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Facebook VS Google ゲーム

8月12日(現地時間)、Googleは『Google+』にゲーム機能の追加を発表したわずか数時間後、今度はFacebookがゲームのプラットフォーム改善を発表しました。『Google+』は6月30日にリリースされたばかり。ゲームの追加を急いだのは、Facebook追撃のためだとウワサされています。

海外メディアのヘッドラインを見ると、「Google+がゲームでFacebookを追撃」「Google+ゲームにFacebookは新しいプラットフォームで応酬」などと、2大ソーシャルネットワークサービス(SNS)の競争に大きな注目が集まっています。そして一部メディアでは、「Googleがゲーム機能の追加を急いだ理由には、Facebookの収益に打撃を与える目的があると分析しています。

Facebookの収益は、3分の2が広告、残りが仮想通貨プラットフォーム『Facebook Credit』だとされています。『Facebook Credit』は、Facebook上でアプリケーションやゲームアイテムを購入する際に利用でき、ゲームやアプリの開発者はその収益の30%をFacebookに手数料として支払うしくみになっています。この手数料は、一部の開発者に「高すぎる」と不評を買っています。

一方、Googleでは同様の手数料を5%に抑えていることから、Googleは開発者が『Google+』に流れてくることを狙っているのではないかと言うのです。今はまだ、『Google+』のユーザーは2500万人を超えるかどうかという段階で、Facebookの7億5000万人にはまだまだ届いていません。しかし、たった1か月半で2500万人までユーザー数を増加させた『Google+』の勢いはすさまじいものがあります。手数料という弱点を突かれたFacebookへの影響はじわじわと広がる可能性もあります。

ちなみに、広告収益の面では、米国内のオンライン広告において、Googleは2011年度に47.6%のシェアをとるという予測もあり、Facebookは堅調ながらいまだ8.8%のシェアにとどまっています(eMarketer調査)。Facebookはディスプレイ広告で急成長を遂げており、今年はヤフーを抜いて一位になる(eMarketer調査)と言われており、こちらも熱い戦いが繰り広げられています。

Googleは、『Google+』に加えて『Gmail』『Google Docs』などのサービスを総合的に組み合わせて、Facebookを追い上げていくことが予想されます。しかし、7億5000万人のユーザーを持つFacebook側も、そう簡単に倒れることもなさそうです。世界が見守る2大SNS戦争、勝者となるのはどちらなのでしょうか?
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。