体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャラソンが先行配信中! 伝説のBL『学園ハンサム』製作者にインタビューしてみました

hansamu11

美少年同士が愛を交える、いわゆる「Boy’s Love」通称BLというジャンルがあります。
主に女性のファンが、美少年やイケメンを頭の中でくっつける妄想をするという遊びです。

最初は既存の商業用アニメや漫画のキャラを勝手に頭の中でカップリングして楽しみ、それでも飽き足らずカップリングを同人誌にして売り出したり、オリジナルキャラを作って美少年同士でいちゃいちゃするという石原慎太郎ブチ切れ確実な腐った世界です。

もともとは日陰でこっそり楽しむようだったものだったのが、今では書店でBLコーナーができたりコミケもBL本目当ての腐女子(BL好き女子のこと)が大勢集まったりと、熱狂的に盛り上がっている人気ジャンルです。エロ本を買いたくても怖くて買えない男子中学生が近所の本屋で堂々と『プレイボーイ』を買う、みたいにアクティブになったわけです。

そんな中にあって一際異彩を放ち、異臭を放つ『学園ハンサム』という作品があります。

hansamutop

画を見ていただければ普通の人ならまず「これは、ヤバイ」と反射的に身構えてしまうこと間違いないでしょう。
プレイヤーは私立薔薇門高校の転入生として、この顔の一部が病気じゃないかと心配してしまうくらいに突起しているハンサムな仲間たちとデンジャラスな青春を送る、という内容。

発売当初からブログや動画サイトで物議を醸し、「本当にコレ発売するの?」「ヤバくない?」「アグネスがまた怒るわよ」なんて心配をよそに、チーム『欲求腐満』によってゲームが製作、販売されました。

そして、やばいのはハンサムの顔だけではなかったのです。ゲーム内容もギャグだらけおふざけ展開だらけ、なんでやねーんとツッコもうとすると次のギャグが出てくるというお笑いジェットコースター状態なのです。

こうして『学園ハンサム』は大人気BL作品となり(売り上げ云々はおいといて)スマホアプリ化、小説化、アニメ化とメディアミックス展開を広げることとなりました。

今回、『学園ハンサム』製作に携わった2名の方へインタビューする機会が設けられましたので、火傷する覚悟で取材敢行いたしました。

「学園ハンサム」製作のきっかけと完成するまでの道程

――まずは自己紹介をお願いします。

木足(以下、木):学園ハンサム作者の木足利根曽(きあしとねそ)です。
キンキン(以下、キ): 学園ハンサムの番外編以降の美剣咲夜役をやってます、キンキンです。

―― 最初の作品が発売されたのが20009年でしたっけ?

木: そうですね。20009年発売予定の作品を2010年に先行発売したという形です

――そもそもこの作品を作ったきっかけはなんでしょうか?

木: : 元々は大学の同級生数人で集まって、何か動画を作って遊ぼうと言い出したのがきっかけでした。はじめはOPムービーだけ作って終わる予定だったのですが、動画サイトに公開したところ、予想以上に反響をいただいたのでゲーム本編を制作する事になりました。

――OPだけ遊びで作ろうとしただけなのに、いつのまにか本編も作ることになったんですね.

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。