体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ『僕だけがいない街』満島真之介インタビュー「悟を通して自分を知りたい」

IMG_2112

毎週木曜24:55~フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送中のTVアニメーション『僕だけがいない街』。自分だけの時が巻き戻る現象“リバイバル(再上映)”に悩まされる青年・藤沼悟が、自らの過去と対峙し、もがく姿を描く三部けいの“時間逆行”サスペンスを原作としています。

本作で、主人公の悟を演じるのは、俳優の満島真之介さん。幼少期の悟を演じる女優の土屋太鳳さんと共に、キャラクターに命を吹き込んでいます。「同年代の悟をリアルに演じる為に、何も作らずに挑んだ」と話す満島さんにインタビューを敢行。色々とお話を伺ってきました。

満島真之介

―まず、原作の漫画『僕だけがいない街』はご存知でしたか?

満島:オファーをいただいてからこの作品を知りました。とても面白くて一気に惹き込まれました。

―どんな所に特に惹かれたのでしょうか?

満島:三部さんの人間を見る力がすごいなと思いました。まず、僕が演じている「悟」は何の変哲も無い青年で、しかも現状にあまり満足していなくて。そういう人を主人公にする事自体がすごいな、と。現実逃避をしたり、日頃のストレスを解消する為に漫画やアニメの作品を選ぶ人も多いと思うのですが、あえてそうさせない、という。どんどん現実をつきつけられるですよね。

―確かに、本作は時間を遡ったりという描写はあるにせよ、現実に実際起りそうなお話というか、私も読んだ時は読むのを止められませんでした。

満島:本当にそうですよね。僕は、悟が持つ「リバイバル(再上映)」(※)という現象を、そこまで特別だと思っていない部分があるというか。例えば、街で音楽が流れていて、周りの人はただ通り過ぎるだけなのに、自分にはその曲に思い出があって、当時の様子がバーッと蘇ってくる事ってありますよね? そういう、過去の記憶が蘇る瞬間って、ある意味「リバイバル」を頭の中で体験していると思うんです。

※リバイバル(再上映)とは:「悪いこと(事件・事故等)」が起きる直前の数分前に時が巻き戻り、その原因が取り除かれるまで、何度もタイムスリップしてしまう現象。

bokumachi_PVカット2 満島真之介

―今回、声優のオファーを受けた時の率直な気持ちを教えてください。

満島:おお! 遂に!と思いました。これまでにも、色々なナレーションをやらせていただく機会があって、声だけで表現するお仕事は好きですし、自分の世界観が広がるなと思っていたんです。特にこの悟という人物は、キャラクターを演じる、というよりも自分の生きてきたこれまでの経験が活きる役だと思ったので、喜びがとても大きかったです。

―声で演じるという事で、意識した事はありますか?

満島:そのままの自分を出してみたいなと思い、何も作らずに臨みました。家のソファに座って、外を見て「今日、雨だなあ」とつぶやくような、そのままの声で挑戦したいなと。実写になると衣装を着て、その役に心も体も入っていくんですけれど、アニメは多くのスタッフの皆さんによって作られた世界観が既にあるので。素直に、今ある力を信じて誠実に演じること。それを望まれているのではないかと感覚的に思いました。声優さんは声によって、様々な“色”を演じ分けますが、僕はそうじゃなくて、自分の色が何色かも分からない、悟を通して自分を知りたいと思っています。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会