体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OL生活の毒を曲に乗せるカリスマドットコム 2人の理想の上司は…?

OL生活の毒を曲に乗せるカリスマドットコム 2人の理想の上司は…?

 2人組女性エレクトロラップユニット・カリスマドットコムが、初めての著書となる『がめつくストロング 毒舌OLラッパー、世間をぶった斬る!』(扶桑社/刊)の出版を記念し、1月16日に東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOでトークショーとサイン会を行った。

 イベントに先駆けて行われた会見では、記者陣に向けて2人が書籍をアピール。初めてとなる自著の感想を聞かれると、「不思議な感じ。でも本になってみても(自分が作っている音楽と)同じことを言っていると思いました」とMCのいつかさんが話せば、DJのゴンチさんは「いつもより自分の話をしたので新鮮でした」と回答。本の中ではそれぞれのインタビューが掲載されているが、いつかさんは「カリスマドットコムは今、こういう内部事情を抱えているんだなとわかってもらえると思います。突然解散とか…いろいろあるじゃないですか」と今の2人の“本音”が詰まった一冊であることを明かした。
 また、カリスマドットコムの2人は普段OLとして働いており、そこで感じた毒を歌に乗せるというスタイルで、女性だけでなく男性からも人気を集めている。そこで理想の上司について聞かれると、いつかさんは「しりぬぐいをしていただける上司がいいですね」と答え、ゴンチさんは「怒鳴り散らさない上司がいいです」と話した。

OL生活の毒を曲に乗せるカリスマドットコム 2人の理想の上司は…?

 その後に行われたトークイベントも盛況だったカリスマドットコム。3月2日には最新アルバムの発売も決まっており、今後も2人に活躍に目が離せない。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
OLたちの毒をラップに乗せて大人気 カリスマドットコム初めての著書が登場
一世を風靡したあのミュージシャンたちは40代を越えて何を思うのか
“ビートルズと初めて会った日本人”、実は後の直木賞作家って本当?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy