ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーセキュリティの進化に拍手!スマホからエンジンもかけられる「iBlue Immobilizer」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

車両盗難は、海外だけの話。自分の身に起こることはない。誰もがそう思いがちだが、決してそんなことはない。

実際、国内での盗難はピーク時より減少したとはいえ、依然として増え続けているという。まったくもって油断できないのである。

最大の防御は、やはりセキュリティの強化。しかし、監視カメラには限界があるし、そうかと言って、駐車場で四六時中見張っているわけにはいかない。

そんな問題を解決するのが、この「iBlue Immobilizer」。スマートフォンアプリを利用した、強力かつ利便性の高いセキュリティデバイスである。

・クレジットカードと同じセキュリティで車をガード

「iBlue Immobilizer」は、直径わずか5.2センチの小さな装置。Bluetoothを採用し、コンパクトながら、従来のRFデバイスを、はるかにしのぐ警備力を発揮する。

情報は、クレジットカードで使用されるのと同じ、SSL(128bit)によって暗号化。強固なセキュリティで漏えい、改ざんの心配も無用だ。

デバイスのインストールに、専門家の手を必要とするが、セッティングが完了すればあとは楽。アプリを使って管理していけばいい。

・エンジンもアプリからかけられる!

使いやすく、ユーザーフレンドリーなアプリには、さまざまな機能を搭載。

キー不要で発進できる他、通過ルートの自動保存、駐車した場所の検索も可能。

修理などで、車を一時的に手放す場合は、アプリからデバイスを無効にしておこう。こうすれば、通常通り鍵を使って、エンジンをかけることができる。

デバイスの価格は、117.32 ユーロ(約1万5千円)。決して安くはないが、アプリは無料だし、長い目で見れば、かなりお得な金額かもしれない。

iBlue Immobilizer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP