ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

30歳の専門学生の面接をSNSで実況し炎上 会社側は「虚偽の実況中継」と説明 実在しなかった面接?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

30歳専門学生の面接をSNS『Google+』にて実況したとしてネット上で炎上し話題になったが、このことについてネットマイルは「虚偽の『面接の実況中継』」と説明している。

この事件は、8月9日にネットマイルの管理本部所属経理担当者が面接の内容をSNSにて実況したことが判明したもの。その内容は「30歳の年齢で専門学校を今度卒業に来る人が新卒の面接に来た・・・どうしようw」と言うものだった。そこまでならあまり問題ないように思えるが、ここから先さらにエスカレートしていき、「ノートでG+で実況するかw」と実況を宣言。周りの人も「実況してーw」と煽り実況することとなったのだ。実況の内容は「自己紹介中だけど慣れてるから笑わない『ぼっぼくは・・○○専門学校からきた、○田慎ん吾です』噛みまくりだよww そして声が小さいよ」と実況を開始したのだ。

こんな実況がネットで発覚し大炎上となった。『Google+』には本名で登録していたため、すぐさま『Facebook』も発覚し会社名も割れてしまった。そんなネットマイルは本日、昨日起きた件について、自社のサイトにて“SNSにおける弊社社員による不適切な書き込みについて”という報道リリースを掲載。

そこには次のように書かれている(一部抜粋)。

・2011年8月9日(火) 16時過ぎから17時過ぎにかけて、弊社管理本部所属経理担当の男性社員(27才)が、SNSのGoogle+において、自らを弊社の「採用担当者」を装い、実際には存在していない「30歳の専門学校生」を面接しているという、虚偽の「面接の実況中継」を実施。
・同日 21時20分頃から「2ちゃんねる」等で話題となり、24時までにクレームのメール約50通が届く。
・同日 23時 社内で対応策を検討開始。
・同日 23時頃 社内で緊急調査を行った結果、弊社の当該男性社員が、Google+において虚偽の書き込みを行っていたことが判明。
・同日 23時8分 すでに帰宅していた当該社員に対し、直属の上司が電話。当該社員が虚偽の書き込みを行ったことを認めた。当該社員は「SNSでの私的な発言が、これほど話題になるとは考えていなかった」と弁明。
・2011年8月10日 0時20分、当該社員が、Google+のアカウントを抹消し、虚偽の「面接の実況中継」の書き込みを削除。
・同日4時15分までに 弊社サイトへの「お詫び」掲載作業を完了。
・同日4時55分頃 弊社の採用専用ツイッター公式アカウントで「お詫び」を掲載。
・同日9時20分 弊社の内定者ならびに面接予定者に事情説明を開始。
・同日9時30分 取引先に事情説明を開始。

上記の中で気になる点があるだろう。それは「自らを弊社の“”採用担当者”を装い、実際には存在していない“30歳の専門学校生”を面接しているという、虚偽の“面接の実況中継”を実施」という個所だ。要約するならば、この人物は経理担当であり採用担当でなかった、そして30歳の専門学校生も存在しなかったということになる。ではこの男性は何のためにこのような実況を行ったのだろうか。

ネット上では「隠蔽か」「専門学校生に金積んだのか」と書き込みがされており事実はうやむやなままだ。

SNSにおける弊社社員による不適切な書き込みについて

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ガジェ通ゴールドラッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。