iTunes各国で話題に! きゃりーぱみゅぱみゅ&増田セバスチャン『PONPONPON』PVのこだわり

Pocket
LINEで送る

2011.08.09 22:00 記者 : カテゴリー : エンタメ タグ :

きゃりーぱみゅぱみゅ&増田セバスチャン

中田ヤスタカ(capsule)氏プロデュースでCDデビューを果たすきゃりーぱみゅぱみゅ。7月20日に『iTunes』より先行配信されている『PONPONPON』のPV(プロモーションビデオ)が話題になっている。そのポップでエレクトロな曲もさることながら、おもちゃ箱を散らかしたような女の子の部屋をイメージしたセットも注目を集めており、日本国内のみならず海外からも熱い支持を受けている。
PVの美術を担当したのは、原宿ではカリスマ的存在である、ショップ『6%DOKIDOKI』*1 のオーナー・ディレクター 増田セバスチャン氏。“Kawaii”にこだわり続けた増田氏が手がけた小物や装飾は、PVの中でも随所に登場している。

*1:『6%DOKIDOKI』
http://www.dokidoki6.com/

きゃりーも雑誌『KERA!』読者モデル時代から『6%DOKIDOKI』のアイテムを愛用していて増田氏に心酔しており、「結婚したい人ナンバー1」というほど。
今回は、そんなきゃりーと増田氏に、『PONPONPON』のPVの撮影の秘話や見どころについてお話を伺った。

--iTunesエレクロチャート、日本だけでなくフィンランド1位、ベルギーやノルウェーではTOP10にチャートインするなど、快進撃ですね! おめでとうございます。

きゃりー:ありがとうございます! でもそれはセバスさんの力が大きいと思います! この前『YouTube』で海外の方がマネした動画を見つけたんですよ。

--動画サイトには“歌ってみた”“踊ってみた”の投稿がたくさん上がっていて、早くもファンの心をガッチリ掴んだと思います。

きゃりー:もちろん『PONPONPON』という中田(ヤスタカ)さんの曲もステキなんですけれど、プロモーションビデオのインパクトが強くて、マネしたくなるんだな、と感じました。やっぱり、衣装の飯島(久美子)さんとか(田向潤)監督さんとか、振付師のair:manさんとか、偉大な方々ばかりだったので、「頑張んなきゃ」と思ったし、とにかく嬉しかったです!

増田:スタッフは本当に豪華だったよね。

--まず、スタジオに入ってセットを見た瞬間、どう感じましたか?

きゃりー:入った瞬間、目を疑いましたね。『6%DOKIDOKI』のショップがそのまま来たような感じ。ほんとうにセットだと思えない世界観で、いい意味で浮いてましたね(笑)。その中に入って踊れると思うと気持ちが高まりました。

増田:最初ピンクのメイクして別の撮影をしていたんだけど、ずっとセットのほうを見てるんだよね(笑)。

きゃりー:ずーっと見てました!『何か回転してるし!』みたいに思って気になって。

--このセットですけれど、モチーフはどういったものからきているのでしょう?

増田:僕は基本的に女の子の妄想を表現してアウトプットしていると思っていて、“片付けられない女の子の部屋”というのがあって、それにきゃりーちゃんのテイストを乗せると60年代70年代のアメリカのテイストを合わせるといいかな、と考えました。普通にキレイに並べるのは誰でもできるんですよ。あえて散らかした状態にしたいな、と。

--調和よりも、カオスな感じですよね。

増田:カワイイものを飾っている女の子って、裏では病んでいる部分もあって、僕はそういうところに興味があるんですよ。だから片付けない、という……。

--パーツパーツの置き方とかは、あらかじめ決められたものだったのですか?

増田:いや、現場でとにかく何か一つを置き始めてからあとはアドリブですね。生の迫力が大切なので。

--マイクや一輪車やホッピングも、現場で装飾したそうですね。

増田:監督から「これを作って下さい」と渡されて(笑)。でも、きゃりーちゃんは一輪車乗れてスゴいよね(笑)。

きゃりー:監督に「わたし子どものころホッピングとか大好きで一輪車もよく乗ってました」と言ったら、現場にありました(笑)。

--きゃりーさんにお聞きしますけれど、特に気になったアイテムはありましたか?

きゃりー:ずっと回転しているものが気になって、よく見たら、ぬいぐるみで……。一見静止画に見えるのだけど、よく見ると動いているというのがかわいかったですね。あと、大きいラフレシアの花がちょっと不気味でしたね。

増田:あれはね、カメラにはちょっとしか入らないから面白いの。

--PVではかわいらしさだけでなく口から目玉やカラスを出すシーンとかもありますね。

きゃりー:監督と打ち合わせしていて、アイドルっぽくなく、ポップになりすぎず、目玉を口から出してグロさも入れようとして、ああいうPVになりました。チーズ被ったり、セバスさん私物のぬいぐるみを抱いたり、短い時間しか映っていないけれどいろいろなことをしているので、そういうところも見てもらいたいですね。

増田:でも、見ていてきゃりーちゃんはいっぱい引き出しを持っていてスゴいと思った。僕的にはどうにか後押ししてあげたいと思って。セットの中で歌うのって、孤独な作業だから。でも監督よりもでしゃばっちゃいけないから、とにかく一緒にリズムだけを取ってあげようと。

きゃりー:それが一番心強かったですね。何度もテイクをしているうちにだんだん一人ぼっちに思えてきて……。でもセバスさんがノっていてくれて、「今のポーズかわいかった」と声をかけてくれたりして、とても心強かったです!

--大変な思いもしたけれど、やっぱり楽しかった?

きゃりー:最初は大変でしたけれど、だんだん楽しくなってきて。最後にトランポリンで終わったりとか。

増田:あれはかわいかったね。でも疲れたそぶりとか全然見せなくて強いなと思いましたよ。

--そんな『PONPONPON』のPVで特に“観てほしい”ところをあえて挙げるとするならばどこになりますか?

増田:自分のセットの話じゃないけど、ヒゲダンスの剣に果物が刺さる瞬間。あれ一発で撮っていたんで、凄いと思った。

きゃりー:けっこう顔が本気で集中しているんですけれど(笑)。

増田:でも、ほんとうに普通の人だとできないと思うよ。

きゃりー:もちろんセバスさんのセットが寄りになるところも観てほしいし、振付けも一瞬ジョジョ立ちしたり自由に踊っているので、そういうところを注目して観てほしいですね。

きゃりーぱみゅぱみゅ – PONPONPON(http://www.youtube.com/watch?v=yzC4hFK5P3g)

8月17日には、メジャーデビューミニアルバム『もしもし原宿』がリリースされ、ますます注目を集めるきゃりーぱみゅぱみゅ。
また『6%DOKIDOKI』は8月19日から30日まで渋谷PARCO PART-3に限定出店。ショップウィンドウには、『PONPONPON』のPVにも登場する、妄想と現実の狭間をさまよう女の子の部屋をテーマにした、増田セバスチャン氏による空間インスタレーションシリーズ『Girls in the Room』の最新作が出現し、誰でも観ることができる。8月20日(土)にはきゃりーと増田氏による記念イベントも開催される予定。
“原宿”を世界へ発信し続ける二人のタッグから、今後も目を離せなくなりそうだ。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ふじいりょう」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体に記事を提供している。

ガジェ通ウェブライター

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

「カワイイの概念を見せたい。日本が培ってきたコンテンツを世界に向けて発信する」 12月1日、渋谷パルコで『RUNE BOUTIQUE』(ルネ・ブティック)スタートのプレス発表会の席上、原宿のカリスマショップ『6%DOKIDOKI...続きを読む

この冬、ハローキティの生みの親“サンリオ”が贈る、ファンタジー映画『くるみ割り人形』。チャイコフスキー作曲による世界三大バレエのひとつ“くるみ割り人形”は、大切なものを守るため、自らの“いのち”をかけて奮闘する少女の姿とその世界観が、...続きを読む

2013年もさらなる活躍が期待されるきゃりーぱみゅぱみゅ(フルネーム:きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ)さん。モデル、歌手、バラエティ番組で活躍するティーンのカリスマですが、ついに今月29日に20歳の誕生日を迎えます。...続きを読む

「Thank You For The People」 渋谷のフリーペーパー専門店、ONLY FREE PAPERのサイトトップに1月末、突然その文字が現れた。*1 「開店から約1年、ONLY FREE PAPERは正念場を...続きを読む

2012年7月27日に開幕するロンドン・オリンピック。4年に1度のスポーツ祭典にて、東日本大震災に対する世界中からの支援への感謝と、“元気”を発信することが目的のイベント『JAPAN FESTIVAL 2012 in LON...続きを読む

新着記事

IT用語としてのバズとは、「話題になる」「口コミが広がる」といった意味を持つ言葉。本来は、ハチがブンブンと飛び回る様子を表す英単語で、音がけたたましく鳴っているイメージから転じて、ウェブサイトやアップロードされた動画、ブログ記事な...続きを読む

夏はお祭りの季節。徳島の阿波踊り、高知よさこい祭りや青森ねぶた祭り、岐阜の郡上まつりなど、日本各地で伝統的なお祭りが開催されました。「日本人はお祭り好き」と言われることもありますが、みなさんはこの夏、どのお祭りに参...続きを読む

数々の人気漫画を執筆し、インターネット上での漫画配信に力を入れている漫画家の佐藤秀峰先生に、ちょっと凄い出来事が起きた。 佐藤先生はAmazonで『漫画貧乏』という単行本のデジタル版を公開している。本来は1296...続きを読む

今年6月に公開されたホラー映画『肉』のDVD発売日が10月3日に決定。 その残酷性のあまり各国で規制がかかるなか、日本ではR18指定ながらも無修正で上映され、話題をさらった今作。主人公は“ある秘密”を抱えた一家のうつくしい姉妹なので...続きを読む

人気のゆるキャラ「ちっちゃいおっさん」の生みの親・池田進太郎氏。彼はパリの『ジャパンエキスポ』に参加するため渡航したものの、心臓発作による心不全で亡くなったと報じられている。 しかしそれが報じられたのは7月であり...続きを読む