ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【アプリ】『Angry Birds』じゃなくて『Hungry Mouse』? 似て非なる爽快連鎖ゲーム

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『iPhone』アプリゲームで最も売れているという『Angry Birds(アングリーバード)』に似た操作感と名前のゲームが登場。その名も『Hungry Mouse(ハングリーマウス)』だ。

直訳すると「腹ペコねずみ」なのだか、ゲーム内容もまさにそんな感じ。ねずみの上に様々な食べ物が流れて来るので、ジャンプで飛びついて取っていくというそれだけのゲーム。操作方法も『アングリーバード』にあやかっており、反対方向に引っ張った分だけジャンプの高さが決まるようになっている。思いっきりジャンプしたければ、反対方向に思いっきり引っ張り、小さくジャンプしたければちょっとだけ引っ張れば良いのだ。この辺の加減は『アングリーバード』よろしくだ。

最初の数ステージはチュートリアル的な難易度だが、ある程度進めると腐った食べ物もでてくる。これに触れてしまうとスコアが減点してしまうので注意。また1回のジャンプで一度に多くの食べものを取るとコンボとなり、多くの得点を得ることができる。また『Angry Birds』と異なるのは自キャラの移動が可能なことだ。タップにより左右にねずみの移動が可能となっている。一切自キャラを動かすことができない『Angry Birds』とはこの辺が異なる。

制限時間終了の時点で、ステージクリア条件の点数を達成していれば次のステージへと進める。現在のバージョンでは全9ステージが用意されており、全ステージをクリアすると「Coming soon」と表示される。新たなステージはアップデートで追加されるようだ。

かなり完成度の高いゲームだが、実は無料。暇つぶしに最適なので是非遊んでみては? こちらは『Yicha(イーチャ)』からリリースされており現在『AppStore』よりダウンロード可能。ついでに『Angry Birds』の方も遊んでみては如何?

Hungry Mouse
Angry Birds

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。