ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外はサクッと 中はトローリ新食感! 焼きチョコ『ベイク』から期間限定で発売の『大人の口どけベイク』試食フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

1月12日、森永の焼きチョコ『ベイク』シリーズから、冬季限定の『大人のくちどけベイク<クリーミーショコラ>』『大人のくちどけベイク<ベリーのラムフランベ>』が登場。“溶けない”&“サクサク食感”の『ベイク』独自の焼きチョコ技術による新たな食感のチョコレートを早速試食してみました。

こんな味わい初めて! 『大人のくちどけベイク<クリーミーショコラ>』

今回、実食したのは『大人のくちどけベイク<クリーミーショコラ>』。隠し味にヘーゼルナッツのプラリネを練りこみ、コクのある濃厚なミルクチョコレートの味わいを堪能できる商品です。

小袋包装になっているので、ちょっとずつ食べたり、みんなに配ったりするのに最適。手軽に食べられます。

さあ、その中身を見てみましょう。ライトブラウンの衣の中に、ダークブラウンのチョコレートが包まれています。一見、すぐに溶けてしまいそうな、ふんわりとしたフォルム。

しかし、そこはやっぱり『ベイク』。指でつまんでみても一切溶けず、手が汚れたりしません。やわらかさを追求しつつも、長年の研究による独自の“焼きチョコ技術”で周りをさっくりと焼き上げ、常温でも形が崩れないのです。さらに、今回の『大人のくちどけベイク』では、20度前後の室温で、最もこだわりのくちどけが楽しめるように計算されているそうです。

そのお味は……?

「いつもの『ベイク』とはまた違ったサクッと食感と、なめらかなくちどけがひとつになっていてびっくりしました。こんなにとろけるチョコレートなのに、なんで暖房の効いた部屋でも溶けずに、さっくり食感が保てるのか。不思議でたまりません。ぜひ、ラムフランベの方も食べてみたいです(20代女性)」

「外側の食感が繊細で、中はまろやか。コーヒーや紅茶によく合いそうです(20代男性)」

「大人も納得の濃厚なチョコレートでした! 口の中でとろけます(30代女性)」

「ふんわりととろける舌触りと、甘み控えめなオトナの味。ほんのり残る余韻まで堪能したいチョコです(30代男性)」

「要素としてはチョコレートなのに、僕の知っているチョコレートではない食感。周囲のほろほろと崩れそうな焼きチョコ部分に対して、もっちりとした生っぽいチョコレート部分が中心。味はチョコレートだけど、これは今まで味わったことのない“未来のお菓子”だ、と思いました(40代男性)」


外側はふわっとさっくり、中はなめらかでクリーミーなチョコレート。焼きチョコ感はしっかりあるのに、まるでトリュフチョコレートのようなくちどけです。

写真は右がいつもの『ベイク』で左が『大人のくちどけベイク』。食べ比べてみると、いつもの『ベイク』はサクサクとした歯触りで、ほろほろ口の中でほどけ、ミルク感が強く、香ばしい味わいのチョコレートがとろけていく感じですが、『大人のくちどけベイク』はサクッとした歯ごたえのすぐあとに、トローリとコク深い濃厚なチョコレートがあふれ出す印象でした。まさに大人のためのプレミアムチョコレート。

冷蔵庫に入れておく必要は一切なし。オフィスのデスクやリビングのテーブルに置いて、いつでも贅沢なチョコレートタイムを楽しんでください。

商品概要

■大人のくちどけベイク<クリーミーショコラ>
■大人のくちどけベイク<ベリーのラムフランベ> ※アルコール含有量0.04%
内容量:48g
価格:238円(税込み)
販売期間:2016年1月12日~2月末
公式サイト:
http://www.morinaga.co.jp/

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP