ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1年に1度!縁起物スイーツ『大寒たまご限定 あづみ野バウム』が今年も発売するぞ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


長野県安曇野市の「あづみ野菓子工房 彩香」が、毎年恒例1月21日の大寒の日に産まれた「大寒たまご」のみを使ったシリアルナンバー付きバウムクーヘン『大寒たまご限定 あづみ野バウム』を、1月22日に限定2700個で発売する!

■毎年完売!「金運がUPする!」と話題に!「あづみ野菓子工房 彩香」では、1年に1度の大寒の日に採れるたまご「大寒たまご」のみで焼き上げたバウムクーヘンを6年前から販売している。寒たまごを食べると、「健康に暮らせる」、「金運がUPする」などの口コミが一部メディアや消費者の間で広がり、年々販売個数が伸び、初年度300個、2年目600個、3年目1000個、4・5年目は2000個を完売した。今年は直営店舗で2000個、地元スーパー「アップルランド」で700個の合計2700個限定で販売を行う予定だ。大寒の日に採れる卵には数に限りがあるため生産数量も限界で、商品は全てシリアルナンバー付きの限定生産となっている。


■寒たまご・大寒たまごとは?小寒から節分までの寒中に産まれた卵は、古来「食べると一年無病息災で送れる」と伝えられ「寒たまご」として珍重されてきた。なぜなら、厳しい寒さの時期は産卵数が減り、その中で産卵された卵は貴重で、しかも滋養分がたっぷりだからだ。中国ではこの時期を「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」と呼び、風水の世界でも生気あふれる縁起物「金運上昇の食べ物」として伝えられている。

そんな大寒たまごのバウムクーヘンは、採卵日まで指定出来るほど安心安全に徹した地元農家との連携が可能にした世界初の縁起物バウムクーヘンなのだ!
商品ページ: http://www.saica.co.jp/products/detail.php?product_id=119

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】・“お金持ち”になるご利益あり 京都の御金神社
・平清盛の出世にあやかる!京都の若一神社
・お参りするだけで大富豪!?不景気を吹っ飛ばすお金の神様

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP