体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「孫さんに3つくらい合意します」 孫正義×堀義人 対談全文書き起こし(5)

再びプレゼンを行う孫正義氏

 ソフトバンクの孫正義社長とグロービス代表の堀義人氏が2011年8月5日の夜、公開討論会を行った。日本のエネルギー政策に関するディスカッションで堀氏は、「もう一度原発事故が起こったら終わり」「東西の電力網を繋げられないのは問題」「国はきちんとした情報開示を」の3点について「孫さんに合意する」と語った。

・番組を視聴する – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv58739430?po=news&ref=news#2:00:29

 以下、孫氏と堀氏のやりとりを全文、書き起こして紹介する。

「『政商』と言われるのは心外だ」 孫正義×堀義人 対談全文書き起こし(4)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw97228

■「原発イコール安定的な電力源だと思い込むのは危険」

孫正義氏(以下、孫): 僕はさっきのプレゼンの中にもあったように、そもそも原子力ってどのくらい必要なんだろうと。「原子力ミニマム論」だと(話した)。原子力がないと、どうしても停電します、安定供給できないという量がね、本当にどのくらいなんだろう。これをちゃんと精査すべきだと。少なくとも僕が経産省だ、何とか省だという専門のところから出てる白書だなんだというのを漁ってみた範囲で、それをグラフとして見てみたら、「何だ。原子力なくても実は足りてるではないか」と。ただし電力会社ごと、いま仰ったように東北電力では3%しか余力がなかった。でも東京電力では20%も今日は余力があったわけですね。

 ですから本当は、「いやいや、でもギリギリのところを東京から助けてもらって何とか持ちました」というんではなくて、本当は送電網がちゃんと繋がっているのが当たり前で。ヨーロッパでは国外同士ですら繋がっているのに、国内の中で関所があるということがむしろおかしくて、これをちゃんと繋げば実は十分な余力が全国的に見ればあるんじゃないの? ということをきっちり数字を精査して出してほしい。これをやらないのは、それこそ政府の怠慢だ。経産の怠慢だということを僕は申し上げたい。

 安定供給は僕も必要だということは全面賛成です。電力不足でブラックアウトしていいというわけじゃない。停電して計画停電だなんだ、突然の停電で病院が電気止まったらそれこそ大問題になるというのは私もまったく同感です。ですから電気の安定供給は必要です。でも、原発に本当に頼って、原発イコール安定的な電力源だと思い込むのも実は危険じゃないですかと。つまり今まさに議論されているように、再稼働がいつ何基どこで起きるか分からないですよね。私にも分からない、あなたにも分からない。総理ですら分からない・・・。

堀義人氏(以下、堀): いや、総理は分かってると思いますよ。

: いやいや、分かんないと思います。誰でも分かんない。だってそれぞれの県の県知事がそれなりの権限を持ってるでしょ?

: まぁそうですね。

: それぞれの住民にいろんな権利があるわけです。ですから中央の政府が言ったって、それぞれの地方の政府が合意しないと今回は進まないということは、いろんな面で見えてきた。つまり再稼働が起きないと、原発はゼロになるかもしれないということが現実問題としてあるわけです。その上さらに、仮に無理やり再稼働を慌ててやったとしても、もう一発どこかで(原発の)爆発が起きたならば、今度は問答無用で議論無用で国民は「もういい加減にしてくれ」と(言う)。「ストレステストを信じて『再稼働OK』と言っちゃった」と。その上でさらにもう一発どこか起きちゃった。問答無用でサドンデスですよ。問答無用で国民の議論は一瞬でバーンとふれますよ、その時は。だってストレステストで大丈夫と言ったから信じて再稼働を渋々認めた。そのストレステストって実はものすごいある意味怖くて、「ストレステストを通ったから再稼働みんなOK!」「今度は十分精査しました。だからOKだ」、「お墨付いた。ワーッ!」と再稼働して、その上であと一発起きたら、もう今度はストレステストそのものが信じられない。

1 2 3 4 5次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。