ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本格仕様のオーダーメード3Dプリントスマート自転車登場!事故時にSMSを自動送信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最大級の家電見本市「CES 2016」でお披露目されたCerevo「ORBITREC」は、自転車乗り必見の3Dプリントスマート自転車。

また、既存の自転車に設置するだけで、「ORBITREC」と同等の機能をもたせられるセンサーツール「RIDE-1」も同時に発表された。

・軽量で丈夫な3Dプリントフレームは、最短1ヶ月以内で完成

「ORBITREC」には、チタン焼結型3Dプリント技術と、カーボンファイバーフレームが用いられた構造になっていて、軽量で頑丈なつくりを実現。ライダーの体型や好みに応じ、オーダーメードで3Dプリント出力するフレームは、最短1ヶ月以内で完成するという。

・センサーが計測したデータは専用アプリでチェック

フレームの中にセンサーが内蔵されていて、Bluetoothを通じてスマートフォンの専用アプリと通信し、走行中に計測したさまざまなデータの送受信をおこなう。

これらのデータはログ履歴としてクラウド内に累積され、後ほど走行状況の分析結果をチェックできる。

「ORBITREC」「RIDE-1」ともに、9軸の加速度計・角速度センサー・地磁気センサー・温度&湿度計・気圧計・照度計などのセンサーを搭載。

これらのセンサーによって、走行中の位置情報や速度のほか、フレームによって影響を受けやすい傾きや衝撃の状態などを、正確に計測することが可能になっている。計測データを参考に、ユーザーは自身の走行の改善点を把握したり、設定の調節をおこなうことができるというわけだ。

・自動ライトオン、事故時のSMS送信など便利な機能も

さらに、暗くなると自動でライトが点灯するようにしたり、路面状況に応じてサスペンションを変更したり、道路状況のアラートを受け取ったりできるほか、事故が発生したときに、友人にテキストメッセージを送信する……なんてこともできるという。

・アマからプロまで使える本格仕様

「ORBITREC」「RIDE-1」はUSBで充電をおこない、およそ15時間の駆動時間となっている。価格はそれぞれ、「ORBITREC」が7000ドル(約8万2000円)以下、「RIDE-1 」が300ドル(約3万5000円)以下となる見込み。

本格仕様の「ORBITREC」なら、アマチュアからプロまで幅広いライダーが満足できるはずだ。

Cerevo

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP