ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国大手キャリア4社、携帯電話の2年契約プランを廃止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンク傘下の米 Sprint が先週末より携帯電話の 2 年契約プラン(two-year phone contract )での販売を止めたらしく、米国の大手キャリア 4 社すべてが 2 年契約プランを一部で廃止したことになりました。米国では長らく携帯電話の機種変更あるいは新規契約時に 2 年間使用することを条件に、端末価格を大幅に割り引く、あるいはメールインリベートでキャッシュバックする、いわゆる 2 年契約プランを提供していました。Sprint は先週の金曜より直販サイトで携帯電話の 2 年契約プランでの販売をやめ、現在は端末のフル価格、または分割払いで販売しています。なお、タブレットについては継続して 2 年契約プランでも販売しています。このような動きは 3 年前に T-Mobile が 2 年契約プランを廃止したことで広がり、今では、Verizon、AT&T なども同様の方向にシフトしています。Source : The Verge

■関連記事
KDDI、10.1インチタブレット「Qua Tab 02」を発表
KDDI、Quaブランドの第一弾スマートフォン「Qua Phone」を発表
ソフトバンク、25歳以下の人とその家族を対象にした「ギガ割」キャンペーンを15日より実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP