ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたに残された時間は?持ち主の寿命を刻む腕時計が教えてくれること

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新たな年が始まり、お休みモードから日常へと戻っていく中、あなたはどのように過ごしていますか?

昨年を振り返り、新しい目標を立てられた方も多いかと思います。ですが、少し時間が経つと、忙しさで忘れてしまってはいないでしょうか。今回は、いつでも人生における大切なことを意識させてくれる、そんな腕時計を紹介したいと思います。


(C) Tikker Watch


(C) Tikker Watch

その名は、TIKKER。所有者の寿命をカウントダウンする腕時計です。なんと、時刻と合わせて、年、月、日、時間、分、秒単位で寿命が表示され、一秒一秒減っていくのです。

別名、死の時計。

そんな怖いもの、と思うかもしれません。ですが、少し考えてみてください。

笑っていても、泣いていても、
怒っていても、不機嫌でいても、
刻一刻と時間は過ぎていきます。

幸せでも、イライラしていても、過ぎ去る一秒は同じなのです。だとすれば、一瞬一瞬を大切に、より笑顔でいたいと思えますよね。

もし自分に残された時間がわかっていたら、自分の心に素直な行動・選択をしたいと思うはず。

それは例えば、

家族と過ごす時間を大切にする。
日本を飛び出して世界中を周る。
いつもと変わらない日常を過ごす。
好きな食べ物を好きなだけ食べる。

それは人それぞれ。


(C) Tikker Watch


(C) Tikker Watch

いつか来る最期を考えて落ち込むのではなく、いかに残りの時間を幸せに過ごすか。TIKKERは、大切なことを見失いがちな私たちに、その優先順位を気づかせてくれます。

シンプルなデザインと、着せ替えできるベルトが特徴のTIKKER。

開発当初、アメリカのクラウドファンディングサイトで、資金を募集したところ、目標の何倍もの額が集まったそうです。

いま、自分が重ねて来た日々を振り返った時に、やり残したこと、大切なあの人に伝えていないことはありませんか?

幸せになるためのDeath Watchが、私たちの人生における大切なことを、教えてくれるはず。

[TIKKER]
[Photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP