ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

道端に落ちた枝木が美しいシェルフに生まれ変わるまでの物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

部屋のなかで圧倒的な存在感を誇る、こちらの本棚。

計算されたかのような優美なフォルムにうっとりしてしまいます。

こちらはニューヨークをベースに活動するデザイナー、Sebastian Errazuriz氏が手掛けた“木のシェルフ”

素材として使われている枝木は、Errazuriz氏がチリのサンティアゴを歩いている途中、道で発見したもの。

それをわざわざ拾って帰り、作品にしてしまったというから驚きです。

そうして出来上がった作品は、枝木を拾った道の名にちなんで「Bilbao(ビルバオ)」と名付けられました。

枝の所々はガラスのプレートをフィットさせるためきれいにカットされ、枝木は本棚として生まれ変わりました。

この作品を見ていると、想像力は人生を豊かにするのだと改めて感じます。

世界でひとつだけの美しい本棚「ビルバオ」。鋭いインスピレーションを持つ彼ならではの作品ですね。

Sebastian Errazuriz(Bilbao)
http://www.meetsebastian.com/sebastian-errazuriz-design-art-tree-shelf

インテリア(まとめ)

ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP