ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ノートPCをタッチパネルに変えるペンマウス『Duo for laptop』製品レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

マウスやトラックボール、そしてペンタブレットといったいわゆる“ポインティングデバイス”は、パソコン(PC)を操作するにあたってかなり重要な要素のひとつであるといえるでしょう。僕らが「快適にPCを操作したい」と考える限り、おそらくその進化は止まらないはずです。それを象徴するかのごとく現れたのが「デジタルペンマウス」の名を冠した『Duo for laptop』。これを使うと、ノートPCが簡単にタッチパネルインターフェースになってしまうという驚きの一品なのです。

今回ハンファ・ジャパンからお借りした『Duo for laptop』は、センサー部とペンのみのシンプルな構成。

取り付け自体はいたって簡単です。まずは両面テープのついた磁石ユニットをノートPCに貼り付けたあと、本体ユニットをそこに取り付けます(こうすることで、持ち運びの時には簡単に外せる、というわけですね)。

ユニット部分から出ているUSBケーブルをPCに差し込んだら、あとはドライバのインストールとアジャスト(調整)で使用可能になります。

ペンはボタン型電池での駆動です。ペン先は換え芯もついているので、すり減ってきても安心ですね。

ドライバをインストールするには、ドライバCDの『Pen on PC』というメニューを押すだけ。ディスプレイモニターのサイズなどを聞かれますが、後からでも変更可能ですよ。

インストール完了すると、『Duo for laptop』用のアプリケーションがタスクバーに常駐します。使い始める前に調整するため、メニューを呼び出します。調整が終わるまではペン先とカーソルは恐らくズレているので、調整終了時までは今まで使っていたマウスやタッチパッドで操作するのがラクチンかもしれません。

調整は画面で指示された個所にペン先を押し当てるだけ。中心、画面両端、上下の端を定めると調整はすべて完了です。今回試したバージョンでは英語のメニューですが、すんなりと進めることができましたよ。

一つ注意があるとすれば、液晶画面がハードコーティングなどの保護がなされていない場合(例えば指で押すと液晶の色が変わってしまう場合など)は、ペンで押しつけて破損してしまわないように気をつける必要があります。独自に保護プレートなどを取り付けるか、「ペンタブレットモード」に切り替えて机で使用するという方法を用いるなど、環境に合わせた使い方をするのが良さそうです。(今回はタッチパネルのモードを試しました)

使用できるようになったので、Windows付属のアクセサリ「ペイント」でお絵かきを試してみました。使い慣れたPCで「画面に直接描ける」のは思いのほか新鮮です。

ただしあまり筆を早く走らせるとカーソルがついてこない場面もありました。これはCPUの処理速度なども関係しているかもしれませんね。筆者の環境での印象としては、ゆったりした描き心地でした。また、使用しているときにズレが生じることがありました。その場合は再度調整をかけることで解消できます。ところでこの『Duo for laptop』、超音波と赤外線を用いてペン先を認識しているそうですので、掃除機などのノイズが多量に発生する環境では正しく使用できない事もあるようですのでご注意を。ちなみに筆圧検知などに対応しているのか、は検証が間に合いませんでした(ごめんなさい!)。

ともあれ、簡単にインストールから使用にこぎ着ける事ができた『Duo for laptop』でした。「使い慣れたPCで、気軽にタッチパネル環境を作ってみたい!」という方には実に魅力的なガジェットと言えそうですよ。

元記事は写真つきで説明しています。こちらからどうぞ

■参考リンク
ハンファ・ジャパン楽天市場店『Duo for laptop』

■ほかにもこんなガジェットのニュースがあります
センチュリー『裸族のお立ち台』に新製品、クーリングファン搭載の2.5&3.5インチSATA HDD用クレードルを発売
デジタルメモ『ポメラ』の新色を限定販売開始
カカクコム、新築マンション検索サイトで『住宅ローン控除シミュレーター』を提供
見覚えある“あの顔”もデザインされた!? カードリーダー&ライターシリーズ発売
ノートPCをおしゃれに“別持ち”できるバッグ『Betsumo』

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。