ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国SA・PAから1月23日に高速道路NO.1グルメを決定!予選会勝ち抜き12店舗はどれも逸品揃い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


行楽や帰省時にお世話になることの多いSAやPA。いまや高速道路の休憩場所としてでなく、テーマパーク化したSA・PA目当てに訪れる人もいるほど進化している。

そしてなんといってもSA・PAで楽しみなのが、レストランなどで食べるご当地グルメ。このたび数あるSA・PAの中から高速道路NO.1グルメを決定すべく全国大会が行われる運びとなった。

高速道路NO.1グルメが決定されるのは、2016年1月23日に武蔵野調理師専門学校にて開催される「SA・PAメニューコンテスト全国大会」。全国のSA・PAから158店舗が参加し予選会を勝ち抜いてきた12店舗がエントリーして、高速道路NO.1グルメを決定するのだ。

それでは全国大会へエントリーした12店舗の中から参加メニューをいくつかご紹介しよう。

東海道 長者原SA(上り)Aブロックからは「旬遊闊歩 ~大地の饗~ 」(1680円)、蔵王爽清牛を塩焼きに、牛タンそぼろのタコライス風などオリジナリティーあふれるメニュー。

長野道 姨捨SA(下り)Aブロックは「姨捨のTSUKI」(1500円)、信州上田地鶏「真田丸」に信州味噌、信州サーモンなどを洋風にアレンジし、目新しさを感じられる。

常磐道 Pasar守谷(上り)Bブロックからは「茨城イタリアン フルコース ファンタジーな料理の世界」(2980円)、茨城県産の食材が全てのお皿に込められた6皿のフルコース。

関越道 上里SA(下り)Bブロックからは「上里真心膳」(2980円)がエントリー、武州和牛と姫豚の串焼きをヤマキ醸造の味噌で作った特製・焼葱味噌とおろしポン酢のソースで頂くご膳。
どれもSA・PAメニューとは思えないほど本格的なものばかりだ。

気に入ったグルメが見つかったら、ドライブの予定を立てて美味しくたのしい休日をすごしてみて。そして2016年1月23日に決定される高速道路NO.1グルメにもご注目を!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP