体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

引越記念! 関係者に聞くシェアハウス”渋家”の過去・現在・未来

渋家

渋谷にあるオルタナティブスペース渋家(シブハウス)。

2008年にシェアハウスとして池尻大橋に誕生。以降、駒場東大前、恵比寿と場所を移りながら、イベントスペース兼住居として、数々の企画やクリエイターの交流の場として使われてきた。

最近では、ポップミュージックとダンスミュージックを中心としたネットレーベル『Maltine Records』の主宰tomad氏がDJをするイベントを定期的に開催して人気を集めていた。

※Maltine Records

http://maltinerecords.cs8.biz/[リンク]

そんな渋谷のカルチャーシーンに切り込んでいる渋家だが、道玄坂近くにある四代目の物件への引越しを済ませ次のステージへと進もうとしている。引越し費用が50万円足りずに、在住メンバーがtwitter上で寄付を募るなど、かなり綱渡りの状況の中、多くのtiwtterユーザーの支持を受けて、ようやく物件を借りることが出来た。
そんな中、中心人物の齋藤桂太さん、山口季邦さんにこれまでの渋家の経緯と現在の状況、これからの展開についてお話を伺った。

引越し真っ最中の渋家

引越し真っ最中の渋家

-まずは、渋家の成り立ちを教えて下さい。

齋藤:「池尻大橋で2DKの50平米いかないくらいの部屋を借りて渋家と呼んだのが最初ですね。ちょうどシェアハウスが社会的に出てきたので、シェアハウスということにしました」

山口:「その一番最初の住人が僕なんです。当時ネットカフェ難民だったんで。当時メンバーが5人いたんですけれど、それより先に住んじゃった(笑)」

齋藤:「来てくれた人と話をしてコミュニケーションをして、新しいことを生み出す場にしたかった。もしくは、やりたい企画があるのに、場所がない人に提供するということをやっていきたかったというのがきっかけですね」

山口:「最初の家では宅飲みしか出来なくて、隣近所の苦情もあったので、限界だというのが1年半後で、それで引越しをしたんです」

-そこが駒場東大前の一件家ですね。

山口:「それで続けるなら広い家を、ということで、母親が自分の知らない貯金を100万円していてくれて(笑)。それで移ったのが駒場東大前の一軒家ですね。下の階が広かったので、イベントが出来たんです。毎週40人くらい集めてやるパーティーを開催していました」

齋藤:「それは完全に赤字で、食事3万、飲み物1万を出してやっていたんですけれど、『みんなチップを出して』といっていたのですが、学生ばかりだったので、ほとんど集まらなかったんです」

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会