体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『AQUA DIGI』前面全部が液晶パネル!冷蔵庫の未来はどこへ向かうのか⁈

CR5_0834

最先端家電をクリエイトするハイアールアジアから登場する予定の『AQUA DIGI』(価格未定・発売日未定)を見てきた。液晶付き冷蔵庫ならまだわかるが、ディスプレイ(インテリジェンスパネル)に冷蔵機能が付いていると言い張るところがへそ曲がり(?)な不思議な家電である。

冷蔵庫はキッチンにそびえ立つ巨大な広告塔になる⁈

CR5_0775

世の中ではIoT(アイ・オー・ティー)が花盛り。直訳するとInternet of Thingsなので”モノのインターネット化”なのだけれど、いったい何のことやらと外人風に肩をすくめる人も多いだろう。簡単に言うと、最近流行のインターネット接続の出来る家電などを主に指す。シャープも「ともだち家電」という名前でクラウドにつながるオーブンレンジや冷蔵庫を発表しているが、それの仲間と思ってもらって間違いはない。

 

ただハイアールが狙っているのは、どうやらその先の向こうにあるらしい。クレジット的に価格も発売時期も未定というのはそこが鍵になる。このインテリジェンスパネル付き冷蔵庫、いや『AQUA DIGI』は、ビジネスモデルごと世間に飛び出していこうとするかなりコンセプチュアルな製品なのである。

CR5_0851

とはいえ冷蔵庫なんでしょう? という人には、一応お手頃価格で高性能と評判の家電シリーズ「AQUA(アクア)」の冷蔵庫「AQR-D28D」が開発のベースになっていると答えよう。定格内容積275Lの2ドアタイプの人気機種である。

CR5_0858

ただその前面ドア部分に32インチ・フルHDの大型液晶インテリジェンスパネル2枚を取り付けるとどうなるか。重くて前に倒れる。当たり前である。そこを何とかするのが結構メーカーとしては苦労したらしい。もちろんインテリジェンスパネルとはいうものの、立派なAndroidベースのOSが載っているコンピュータでもある。それがWi-Fi機能でインターネット接続ができるということ。

CR5_0866

Androidと言われるとタッチ操作で動くのかと思ってしまうが、それも違う。本体上部中央にカメラがあって、モーションセンサーによって操作する。

CR5_0845

手をグーだったりパーだったりすることによって『AQUA DIGI』を動かすことができるのだ。

CR5_0899

実際にやってみると、デモ機であったため操作性は少々ぎこちないが量産機では今後ブラッシュアップされ円滑に操作できるとのことである。
しばらく放っておくと画面は熱帯魚たちが泳ぐ水槽が映し出されるスクリーンセーバー状態に。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy