体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの鬼束ちひろが遂に『小室みつ子のGetWild』に登場!

ひろゆき、鬼束ちひろさん、みっこさん

ニコニコ生放送の人気番組『小室みつ子のGetWild』が7月31日に行われた。

当番組は、シンガーソングライターの小室みつ子さん(通称みっこさん)が、“会いたい”ゲストをお迎えして、WILDなエピソードをGETするのが目的のトーク番組。ひろゆきがサポートにまわりつつも、受け答えは主役のみっこさん。その天然キャラが愛されてか、1年以上の人気のシリーズ番組となっている。

さて、今回のゲストは、あの鬼束ちひろさん。今回のゲスト出演、実は番組スタート当初からの、みっこさんの強いリクエストがようやくかなった形となったのだ。
鬼束さんは、CONCERT TOUR 2011「HOTEL MURDERESS OF ARIZONA SHOW」を発表したばかり。なんとツアーは約10年ぶりになる。

鬼束さん

鬼束さんが登場するや、画面は弾幕のような拍手。みっこさんも少々緊張気味のスタートだった。ニコ生が初めてという鬼束さんは、興味深そうにコメントを眺めつつも、ニコニコしていた。

実は「鬼束さんのお母さんと同世代」というみっこさん。前代未聞の“母娘”トークはここから幕を開けた。当初の話題は、動物大好きなお父さんをはじめとする家族の話題。
鬼束さんの音楽遍歴として、アラスカのミュージシャンの次にハマったのは『B’z』の稲葉さん。音楽の趣味は「洋楽好きの父と邦楽好きの母親」のハイブリッドがなせるところとか。

ニコニコ生放送

話題は鬼束さんの代表作に向かうと、ひろゆきの「(シングル『月光』で)60万枚っていきなり大変じゃありませんでした?」という質問には、平然と「全然。あ、でも、いろいろ大変だった」と軽く言い放つ鬼束さん。おどける姿に、「かわいい」というコメントが画面に踊った。

さらに“デビューして2年で武道館”という経歴に対し、ひろゆきの「苦労して下積みとかなかったんですか?」という質問にも、「ありましたよー」とあっさり返答。

みっこさんは「鬼束さんみたいに、動いてたら私、1週間で倒れるかも」と言葉を漏らした。
「そんなのね、こうだよ」と思いっきり蹴りを入れるポーズの鬼束さん。このあたりで、双方ノリノリになってきたのが感じられる。

エンジン全開

好きな単語は?」という質問に「なきにしも荒川」と答える鬼束さん。これには、みっこ、ひろゆき、視聴者ともに「???」が躍る。「なきにしも荒川、って言っちゃうでしょ」この時点で、全員が“鬼束ワールド”に取り込まれてつつあった。

話題が作曲などに移ると、シンガーソングライターどうしで分かり合う場面もちらほら。
鬼束さんの場合「コードを決めて、メロディーを作るときには(なんとなく)全体ができている」「“ノリ”でできてしまう」らしい。

ちなみに鬼束さんが最近始めたことが「ギターの弾き語り」。エレクトーンを幼少から習っていた事も含め、それまでは鍵盤派だったという。

最近はNHK教育の『みんなのうた』にあこがれている鬼束さん。「たとえばどんな曲を?」と聞けば、「へびのうた」「クモのうた」などをつくったそう。彼女曰く「クモはこわいけど、なかよくなりたいから、クモのうた」なのだそうだ。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。