ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】デル・トロやトムヒらが語る映画『クリムゾン・ピーク』 美しい屋敷に潜むおぞましい“亡霊”の姿も[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


公開が1月8日に迫るギレルモ・デル・トロ最新作『クリムゾン・ピーク』。より、デル・トロ監督やキャストのトム・ヒドルストンらが今作を語るインタビュー動画が公開となりました。


動画が表示されない方はホラー通信をご覧ください

今作について、トム・ヒドルストンは「暗い秘密に満ちた古い屋敷の物語」、デル・トロ監督は「“暗くて悲しいおとぎ話”に限りなく近い」と端的に表現。ルシール役のジェシカ・チャスティンは「“愛のためにできること”、それが今作のテーマ」と語る一方、「愛は恐ろしいものよ」と思わず不安になるような一言を残しています。
また、監督によるとこの作品の核は“登場人物の大人への旅”とのこと。「通過儀礼として、登場人物たちは闇の旅へと連れ出されるんだ。地理的な空間を越えて、大洋を横断したり、地下世界へと降りたりもするんだよ」と語っています。

このインタビュー動画では映像にも是非ご注目を。以前ご紹介した予告編[リンク]では見られなかった、恐ろしすぎる“亡霊”の姿も明らかになっています。鳥肌モノのその姿から察するに、ゴシック的な美しい物語とされている今作ですが、怖さも多分に秘めていそうですね……。

映画『クリムゾン・ピーク』は1月8日より待望の公開です。どうぞ、お楽しみに!

<『クリムゾン・ピーク』ストーリー>
イーディスは幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった…。
父親のカーターと一緒に暮らしていた彼女は、ある日、突如墓場の彼方から現れた母親から不思議な警告を受けとる―「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」
大人になったイーディスは、父親が不可解な死をとげた後、トーマスいう男性と結婚し、彼の豪奢な屋敷でトーマスの姉・ルシールとともに三人で暮らすこととなる。しかし住居となるゴシック建築の広大な屋敷がそびえ立つ山頂は、冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、【クリムゾン・ピーク】と名付けられていたのだった…。
新たな生活に慣れるにつれ、クリムゾン・ピークはそれ自身の命を生きはじめ、悪夢のような幻影や深紅の亡霊たちが姿を現し始める。

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP